2019年 9月 21日 (土)

盟友サン=サーンスに邪険にされたが... セザール・フランク「ピアノ五重奏曲」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

露骨な嫌がらせの真相は不明

   その国民音楽協会仲間で、「フランスのモーツァルト」という神童伝説をもつサン=サーンス・・・彼もオルガニストであると同時に優れたピアニストでもありました・・・にフランクは「ピアノ五重奏曲」を献呈したのです。そして、国民音楽協会で初演されるとき、サン=サーンスみずから、ピアニストの役を買って出てくれたのでした。

   しかしながら、マルシック四重奏団と一緒に演奏し終えたサン=サーンスに、フランクが近づいてあいさつをしようとしたところ、自分への献辞が書かれているにも関わらず、サン=サーンスはピアノの上に自筆譜をほったらかしにして舞台を後にしてしまったのです。露骨な嫌がらせでした。

   真相は、分かりません。室内楽作曲家として再始動し始めたフランクの才能に嫉妬したからだとか、このころから「守旧派」と攻撃されることが多くなり、保守的な傾向を見せ始めていたサン=サーンスにとって、フランクの音楽は新しすぎたからだとか、さらには、この時期夫人を差し置いてフランクが熱を上げていた彼の弟子で作曲家の才能あふれる女性が、その昔、サン=サーンスの交際申し込みを断ったからだ・・といういかにもフランス的な理由まで、憶測として語られています。

   初演者サン=サーンスには邪険にされてしまいましたが、フランクの後期の作曲充実期のスタートに当たる「ピアノ五重奏曲」は、その後のさらに大傑作への道を開く、重要な作品となったのです。

   本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でフプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中