2019年 7月 20日 (土)

フェイスブック「期間限定カフェ」開店 SNSのプライバシーとセキュリティー知る場に

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

理解が甘いとスイーツも甘く、「超いいね」もらえない

   小堀さんによると、利用者がプライバシー・セキュリティーについて知り、リテラシーを向上させることがフェイスブックカフェの狙いだ。

   具体的な目的は2つ。1つはフェイスブックとインスタグラムの利用者のプライバシー保護、もう1つは、これらを安心して利用するための安全な環境づくりだ。

   カフェの利用は無料で、入店の際にチェックシートが配布される。項目は5つで、二段階認証や公開範囲の設定、不適切な内容の報告などが問われる。フェイスブックとインスタグラムでのプライバシー・セキュリティーの理解度を診断され、結果は提供されるスイーツの「甘さ」を左右する。理解が甘いほど、パンケーキのソースが甘くなる仕掛けだ。また、5問中4問以上理解できていれば「超いいね!」、2~3問なら「すごいね」、1問以下なら「悲しいね」のリアクションマークが描かれる。

   カフェにはフェイスブックジャパンのスタッフも参加し、診断内容や自分がSNSを安全に利用できているかを相談できる。小堀さんは、カフェで自分のSNSの状況を見直したり、プライバシー・セキュリティーについて話したりしてほしいと述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中