2019年 10月 15日 (火)

部屋から部屋へ気軽に持ち運んで大画面を満喫 ホームプロジェクター

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   エプソンは、ホームプロジェクター「dreamio(ドリーミオ)」シリーズ「EF-100」など2モデルを2019年5月22日から順次発売する。

  • 手触りが良く持ち運びしやすいコンパクトサイズ
    手触りが良く持ち運びしやすいコンパクトサイズ

スティック型「Android TV」端末同梱モデルを用意

   丸みのある柔らかな質感のシンプルなデザインを採用。明るく鮮やかな3LCD方式の高画質はそのままコンパクトサイズを実現し、部屋から部屋へと気軽に持ち運びが可能だ。

   「EF-100WATV」(8月発売、カラーはホワイト)「EF-100BATV」(同ブラック)はスティック型「Android TV」端末を同梱。Wi-Fi環境があれば家中どこでも各種動画配信サービスを臨場感ある大画面で楽しめる。「Googleアシスタント」による音声検索や、「Chromecast built-in」でスマートフォンの画面を大画面に投写することもできる。

   レーザー光源の採用により360度設置が可能なほか、テーブルや商品展示台、壁面などスクリーン以外へも投写でき、店内のインフォメーションやメニュー表示、客を惹きつける映像空間の演出など、ホームユース以外の様々な用途にも適するという。

   スピーカーユニット後面から発生する低音域を増強し、低音も響くという「バス・レフレックス方式」スピーカーを搭載し、これ1台で映像と音が楽しめる。Bluetooth対応のオーディオやヘッドホンとの接続も可能だ。

   明るさは2000ルーメン、解像度はWXGA(1280×768ピクセル)。

   「エプソンダイレクトショップ」での直販価格は、「EF-100WATV」「EF-100BATV」が10万2000円(税別)、メディアストリーミング端末が付属しない「EF-100W」(ホワイトモデル)「EF-100B」(ブラックモデル)が9万7000円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中