2019年 10月 16日 (水)

ラグビーW杯開催地のご当地メニュー 都庁食堂や都議会議事堂レストランで

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   東京都は、2019年9月からラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が開催されることに先駆け、大会開催地のうち東京を除く全国11道府県のご当地メニューを、5月22日から都庁の職員食堂と都議会議事堂のレストランで提供する。

  • 北海道のご当地メニュー「三元豚ロースカツのスープカレー」(5月23日販売)
    北海道のご当地メニュー「三元豚ロースカツのスープカレー」(5月23日販売)
  • 岩手県の名物メニュー「釜石ラーメンとごはんセット」(5月28日販売)
    岩手県の名物メニュー「釜石ラーメンとごはんセット」(5月28日販売)

5月は北海道と岩手の名物メニューが登場

   メニューが提供されるのは、都庁第一本庁舎32階と第二本庁舎4階にある職員食堂、および都庁に隣接する都議会議事堂レストラン。

   いずれも都の職員でなくとも利用できるが、本庁舎内の食堂を利用する際は氏名と訪問先等を記入し、一時通行証の交付を受ける必要がある。

   5月22日から3日間は、試合会場のひとつ「札幌ドーム」がある北海道のご当地メニューを第一本庁舎32階食堂で提供する。献立は22日が「札幌辛味噌ラーメン」(570円)、23日が「三元豚ロースカツのスープカレー」(680円)、24日が「十勝清水 牛玉メンチカツ&ホエー豚のジンギスカン」(690円)となる。

   5月27日から3日間は「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」が会場となる岩手県のご当地メニューを第二本庁舎4階で食べられる。献立は27日が「穴子とろろ丼とさんまのすり身汁」(690円)、28日が「釜石ラーメンとごはんセット」(590円)、29日が「あべどりのチキンカツおろしポン酢」(690円)となる。

   提供時間は平日11時30分~14時のランチタイム。W杯が開かれる9月までの実施予定で、6月以降は埼玉県、神奈川県などのご当地メニューを提供していく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!