2019年 6月 18日 (火)

SNSでブーム!パック豆乳を凍らせたアイス 削ってふわふわのかき氷に

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タカラトミーアーツ(東京都葛飾区)はキッコーマン飲料(東京都港区)と共同で開発した「スノーデザート雪花(ゆきはな)」を、2019年6月20日に発売する。

   「キッコーマン豆乳」を使って、かき氷を作れる器具だ。

  • 凍らせたパック豆乳をかき氷にする「スノーデザート雪花」
    凍らせたパック豆乳をかき氷にする「スノーデザート雪花」
  • パックごと凍らせた「豆乳アイス」
    パックごと凍らせた「豆乳アイス」
  • パックから取り出してそのまま本体にセット
    パックから取り出してそのまま本体にセット

「豆乳アイス」とは違ったおいしさに

   プレスリリースによると、200ミリリットルのキッコーマン豆乳をパックごと凍らせる「豆乳アイス」が2018年からSNS上でブームになっている。キッコーマン飲料でも、2019年には「豆乳アイスにぴったり」なフレーバーとして「マカダミアナッツ」や「巨峰」を販売するなど、公式の楽しみ方となっている。

   「スノーデザート雪花」は、凍らせた豆乳をパックから取り出してそのまま本体にセットできる。豆乳をスライドさせて削るため、かつおぶしのように薄いかき氷を作れるという。

   キッコーマン飲料の担当者は、

「パックのまま凍らせるだけの時と食感が全く異なり、商品名の通り雪のように柔らかくふわふわしていて、口の中でさっととけるようなおいしさ」

とリリースの中でコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中