2019年 10月 15日 (火)

「フットボール」「スポーツ」両モード搭載 4Kプロジェクター

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   各種映像機器などを手がけるベンキュージャパン(東京都港区)は、プロジェクター「TK800M」を2019年5月30日に発売する。

  • リビングルームがスタジアムに変わる!?息をのむ臨場感
    リビングルームがスタジアムに変わる!?息をのむ臨場感

「HDR10」「HLG」両HDR規格に対応

   4K解像度(3840×2160ピクセル)に対応。「Rec.709」色域と3000ルーメンの高輝度、0.47インチ・シングルDMD DLPテクノロジーを採用し、コンパクトボディーに細部まで鮮明な高画質と高い色精度を実現する。

   同社の「HDR-PRO」テクノロジーにより、HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)規格「HDR10」「HLG」をサポート。ブルーレイディスクの映像やストリーミング動画の映像を、より臨場感のある映像で楽しめる。

   スピード感のある動きや選手のプレー映像を、生き生きとした肌の色調や芝生の色などを忠実に再現するほか、スタジアムの歓声や実況の音声なども明確に聞こえる「フットボールモード」、コートなどの木目の色調や鮮やかな赤を強調しながら、実況の音声も明確な「スポーツモード」を搭載。まるでスタジアムにいるかのような臨場感を実現する。

   投写可能な画面サイズは60~300型。対応解像度はVGA(640×480ピクセル)~4K。入力インターフェイスはHDMI×2(HDMI2.0/HDCP2.2対応、HDMI1.4a/HDCP1.4対応が各1)、ミニD-Sub15ピン×1、オーディオミニジャック×1。

   カラーはピアノホワイト。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中