2019年 6月 18日 (火)

ドムドムハンバーガーで「カレー」食べたい 味わえる店は全国でも超貴重

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   「日本初」のハンバーガーチェーンとして知られるドムドムハンバーガーには、一部の店舗でしか味わえないメニューがある。

   スパイスの香りが食欲をそそる国民食、カレーライスだ。

  • ドムドムハンバーガーでカレーライスを味わう
    ドムドムハンバーガーでカレーライスを味わう

20種類以上のスパイス使った「本格派」

   兵庫県姫路市にある「ドムドムハンバーガー姫路広畑店」で2019年3月1日から販売しているカレーライスは、大量のたまねぎと20種類以上のスパイスを使った「本格派」のルーを特徴とする。

   ラインナップは「チーズカレー」(税込570円)や、「三元豚ロースカツカレー」(690円)、同店のサイドメニュー「チーズポテト」を載せた「チーズポテトカレー」(600円)など6種だ。

   J-CASTトレンドがドムドムハンバーガーを運営するドムドムフードサービスに取材すると、2017年9月に閉店した大阪府の店舗では、店主独自の判断により「カレー」を販売していたという。姫路広畑店で提供されているカレーは、閉店した店舗のものとはレシピが異なるものの、実質的にはドムドムハンバーガーの店頭で1年半ぶりにカレーメニューが「復活」したことになる。

「ご飯ものが欲しい」利用客からの要望で実現

   では全国31店舗のなかで、なぜ姫路広畑店がカレーを販売しているのか。

   ドムドムフードサービスによると、同店は大型商業施設のフードコートの中にあるが、フードコートには米飯メニューを扱う飲食店がなく、利用者から「ご飯ものを食べたい」という声が上がっていたという。そこで姫路広畑店の店長は「カレーをやったらいいんじゃないの」と発案。実際に売り出すとたちまち人気に火が付き、今では同店の「名物メニュー」となっているようだ。

   カレーメニューは姫路広畑店に加え神奈川・厚木店でも試験的に販売しているが、ドムドムフードサービスの担当者は、

「ほかの店舗でカレーを販売することは現時点で考えていない」

と回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中