2019年 7月 20日 (土)

アナログ腕時計のフェイスに計測機能搭載 スマートウォッチ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   スマートデバイスなどを手がけるOaxis Japan(東京都中央区)は、スマートウォッチ「Timepiece(タイムピース)」を2019年5月31日に発売する。

  • アナログのウォッチフェイスに各種スマート機能を搭載
    アナログのウォッチフェイスに各種スマート機能を搭載

有機ELディスプレー、1回の充電で最大30日間駆動

   アナログ腕時計のフェイスに、0.42型有機ELディスプレー、心拍数などの計測機能を内蔵。iOS/Android向け専用アプリと連動し、メッセージや着信通知のほか、熟睡時間や心拍数、運動量などのモニタリングが可能だ。有機EL画面は4種類のデザインを用意し、シーンに合わせて選択できる。

   スイス・ロンダ製のムーブメントを搭載。スマートフォンとの接続時に時間を自動調整するほか、海外では自動的に現地時刻への調整を行う。1回の充電で最大30日間駆動するというバッテリーを内蔵。3気圧防水仕様となっている。

   サイズと価格は、41ミリが2万1380円(税込)、38ミリが1万8840円(同)。カラーは41ミリがBlack、Silverの2色、38ミリがBlack、Goldの2色。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中