2019年 6月 18日 (火)

1967年開業「サイゼリヤ1号店」のいま 閉店後はファンが支え「教育記念館」に

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   国内に1000以上、海外も含めると約1500の店舗をもつイタリア料理店チェーン「サイゼリヤ」。その第1号店は1967年に個人経営のレストランとして開業した。現在は、「サイゼリヤ1号店教育記念館」として店舗だったころの姿のまま保存されている。

   J-CASTトレンド記者は2019年5月26日、同館を取材した。

  • サイゼリヤ1号店教育記念館は八幡一番街商店会の中にある
    サイゼリヤ1号店教育記念館は八幡一番街商店会の中にある
  • 館内へ向かう階段の両壁にはたくさんの写真
    館内へ向かう階段の両壁にはたくさんの写真
  • 店舗の時の姿が残っており、各テーブルに様々な資料が置いてある
    店舗の時の姿が残っており、各テーブルに様々な資料が置いてある
  • 館内の壁にも多くの写真
    館内の壁にも多くの写真
  • 厨房には当時の調理器具
    厨房には当時の調理器具
  • 個人経営時代の手書きメニューは「洋食屋」のラインアップだ。
    個人経営時代の手書きメニューは「洋食屋」のラインアップだ。
  • チェーン展開が始まったころのメニュ―
    チェーン展開が始まったころのメニュ―
  • ミラノ風ドリアやいか墨入りスパゲッティなど今にも残るメニューも
    ミラノ風ドリアやいか墨入りスパゲッティなど今にも残るメニューも

調理器具がそのまま残る厨房に入れる

   「サイゼリヤ1号店教育記念館」は、JR本八幡駅(千葉県市川市)北口徒歩1分の商店街「八幡一番街商店会」にある。駅北口からすぐのショッピングモールに「サイゼリヤ」の緑色の看板が見えるが、これは記念館ではなく「現役」の店だ。もう少し進むと八幡一番街商店会で、入ってすぐに「イタリア料理 サイゼリヤ」と書かれた緑色の看板が目に入る。

   2階建ての建物の2階部分が記念館になっている。1階は青果店だ。取材に応じた「サイゼリヤ1号店教育記念館保存会」のメンバーである大山達雄さん(大山機械工業所代表取締役)によると、営業していたころは青果店の前に並んだ野菜を飛び越えて店に入っていたそうだ。

   入り口につながる階段の壁には、創業当時からの写真がたくさん飾られていた。店舗だったころは入店待ちの人々が並んだという階段を上って館内に入ると、10卓程度のテーブル席が以前のまま配置されていた。厨房にも実際に使われていた調理器具が残ったままで、入って見られる。鉄製のフライパンからは、まだ油のにおいがしていた。

   当時の雰囲気を味わえるだけでなく、さまざまな資料を自由に閲覧でき、サイゼリヤの歩みやこだわりを感じられる。特に、過去のメニューは創業当時のものから置かれており、その変遷を見られる。記者は「生ガキ」や「キャビア」がかつてメニューにあったと初めて知った。また、チェーン展開を始めたころは「ドリアはサイゼリヤの名物料理です」というフレーズとともに「ミラノ風ドリア」があり、当時から人気だったことがうかがえる。館内の映像資料によると、ミラノ風ドリアは1000回以上の改良を重ねているそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中