2019年 12月 9日 (月)

ホタルの淡い光にいやされよう 水族館や電車内へ「出張」イベント

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東武動物公園(埼玉県南埼玉郡)内にある、年間を通してホタルを飼育する施設「ほたリウム」。このホタルたちを2019年6月と7月、電車や水族館、屋外の大きな蚊帳の中で鑑賞できるイベントが開催される。

  • ヘイケボタル
    ヘイケボタル
  • 過去の「ホタルの夜」の様子
    過去の「ホタルの夜」の様子
  • 過去の「ホタル列車」の様子
    過去の「ホタル列車」の様子

幅2メートル、長さ3メートルの蚊帳に500匹放たれる

   6月12日~16日は、東京スカイツリータウンの中にある「すみだ水族館」(東京都墨田区)で「ホタルの夜」が開催される。期間中は毎日18時~21時に、照明が落とされた室内で、水槽に入った約50匹のホタルを鑑賞できる。同館の広報担当者によると館内でのホタルの展示は、7年前から実施。東京都心で暮らす、なかなかホタルを見る機会に恵まれない人たちが訪れ、季節を感じているようだ。東武動物公園の広報担当者は取材に、外で見るのとは違った、「おしゃれな雰囲気」でホタルを楽しめると話した。

   6月29日には秩父鉄道とのコラボ「ホタル列車」が運行する。列車の行き先は埼玉県秩父市内のホタル観賞スポット。車内には暗幕のかかった水槽が設置され、約50匹のホタルをのぞき見できる。飼育員も同乗し、列車の旅を楽しみながらホタルについて学べる。

   7月13日、20日、27日の3日間は、東武動物公園内で「ホタルの小径」が開催される。同園の広報担当者によると、「日本産動物舎」の通路に幅2メートル、長さ3メートルの蚊帳が設置され、500匹のホタルが放たれる。蚊帳の両脇ではツルを飼育しており、自然の中にいるホタルとツルを同時に見られるかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!