2019年 8月 20日 (火)

■安田記念「カス丸の競馬GⅠ大予想」
     アーモンドアイ8連勝を阻むもの

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
trend_20190531182506.jpg

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。先週のダービーは大番狂わせだったじぇい。12番人気のロジャーバローズが2分22秒6のダービーレコードで優勝、カスヨ姉さんが久しぶりに○◎▲、カス丸も△▲◎で三連複当てたじぇい。そして今週はついに、あのアーモンドアイが登場する安田記念(2019年6月2日、東京競馬場、芝1600メートル)だよ。春のGIもそろそろ終わりだけど、このレースが今年1番の注目レースだと皆な言ってるじぇい。カスヨさん、なんで? 

   カスヨ いやあ、今週は本当にワクワクするわ。今年最高のレースといってもいいんじゃないかしら。4歳牝馬、牡馬のチャンピオン対決ね。まずは東の横綱が、GI5連勝を含む7連勝中の世界のアーモンドアイ。そして西の横綱がダノンプレミアム。ダノンプレミアムは去年の皐月賞を前にケガをしなかったら、世代ナンバーワンの地位を不動にできたくらいの馬だわ。やっとケガから回復して、2連勝。本当はここに香港競馬のビューティージェネレーションが出るという話もあったんだけど、そうなったら凱旋門賞以上のレースになったのに残念だわ。でも他にも日本を代表するマイル専門馬が勢ぞろいしたから、史上空前のレースになるのは間違いないわよ。

trend_20190531182533.jpg

アーモンドアイに勝つ戦法

   カス丸 ふーん。でも、そう言っていてカスヨさんの本命◎はアエロリットだよ。どうなってるきゃすう?

   カスヨ わたしは穴狙いだって何度も言ってるでしょ?馬券になると、話が違ってくるのよ。カス丸も言ったように今の東京競馬場はレコード続きのスピード競馬になってるわ。そのうち骨折する馬が出るんじゃないかと心配なほどよ。先週は競馬の祭典ダービーのために、柵を移動させて新コースを設定したばかり。しかも雨が降らないから、内柵沿いに走ってしまえばロジャーバローズみたいに止まらないのよ。そのスピードコースを走れる1番手がアエロリットというわけ。3週前のGI・ヴィクトリアマイルも同じ舞台でレコード決着だったんだけど、それを演出したのがアエロリットね。最初の1000メートルがなんと56秒1というとんでもないスピードで逃げたわ。ちなみに安田記念のレコードは2012年の1分31秒3よ。このときの1000メートルラップが56秒3だから、いかに速かったがわかるわね。なぜ、こんなに最初から飛ばしたかというと、おそらくアーモンドアイに勝つためなのよ。きっとリハーサルをしたのだと思うわ。結果はコンマ4差で5着。いくら軽い東京の芝でも、最後は抜かれてしまうから今度は途中のラップを変えてくるはずよ。レコードとなってる2012年のときは中団やや後ろにいたストロングリターンが最後の上がり3ハロン(600メートル)を33秒8で走って勝ったわ。いくら今の芝が軽いからと言って、あまり飛ばし過ぎると、やっぱり差されてしまうわけね。となると、アエロリットの勝ち方としては3年前のロゴタイプが勝った時のやり方になりそうね。つまり最初から先頭に立つのは同じ。枠も1枠2番とこれ以上ないところに入ったから楽に逃げられるわ。スピードをある程度維持して、後ろから来るアーモンドアイとダノンプレミアムに脚を使わざるを得なくする。前半で脚を使えば、直線に入って最後のスピードも思うように出ない。そこで自分はロジャーバローズが走った内柵沿いを全力で走ればなかなかスピードが落ちない。この作戦のリハーサルなのよ。

   カス丸 へえー、でも爺の本命はやっぱりアーモンドアイだじぇい。カスヨ姉さんが言うように7連勝がストップする危険があるきゃすう?

   ガジュマル爺 カスヨの妄想も手におえんわい。先週のロジャーバローズを予想したのが当たったからといって、調子に乗ってますますひどくなる一方じゃ。アーモンドアイの7連勝を見ておったら、スキがまったくないことが分かるはずじゃ。この馬は後方からしか勝てない馬とは違うんじゃ。去年のGI・ジャパンカップでは先行して勝ったのを忘れてしまったかと言いたい。外枠(7枠14番)に入ったのもいい。先行勢をじっくり見ていられるわい。アーモンドこそ「絶対王者」なんじゃ。しかもマイル戦は3戦3勝じゃ。そんな小手先の先行策など通用せん。前が速くなればなったで、いくらでも対応ができるのがアーモンドの凄いところなんじゃ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中