2019年 10月 18日 (金)

望郷のブラジル移民 ヤマザキマリさんは老人の背を優しく押した

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ku:nel7月号の「わたしの扉の向う側」で、漫画家のヤマザキマリさんが、旅先の飛行機で乗り合わせた日本人のブラジル移民について、しみじみと振り返っている。

   ヤマザキさん自身も1984年にイタリアに渡り、フィレンツェで絵を学び、イタリア人と結婚、シリア、ポルトガル、米国などで暮らしたコスモポリタン。現在はイタリアと日本を行き来する生活だ。映画にもなった「テルマエ・ロマエ」の作者である。

   「国内だというのにアマゾナス州のマナウスからサンパウロまで飛行機で約5時間、ブラジルは広い」。筆者はブラジルから日本への帰途、リマ経由でロサンゼルスに向かう機内で、隣席の老人から「日本人ですか」と不意に問いかけられる。

「その人もやはり私と同じくマナウスからロス経由で東京へ向かうのだという。マナウスの便からすでに私には気がついていたのだそうだ」

   この男性は旧満州で生まれ、終戦時に引き揚げてきた世代だという。身寄りもないので、一念発起してブラジルに渡ったのが50年前。〈一緒に入植した仲間はみなマラリヤで亡くなりました。私は運が良かった〉とヤマザキさんに語っている。今回の日本行きは、静岡にいるはずの親戚を訪ねるのが目的だが、先方は音信不通。あてなき訪問である。

「日本も随分様変わりをしたでしょうなあ、と不安と高揚の入り混じった声がかすかに震えている...もし(親戚に)お会いできなかったらどうするのですか、と聞いてみると〈その時は日本を観光して帰るだけです〉と老人は力なく答えた」 
  • 日本ではまだ珍しいパルミット。タケノコともアスパラとも違う食感=冨永写す
    日本ではまだ珍しいパルミット。タケノコともアスパラとも違う食感=冨永写す

ヤシの芽の瓶詰

「自分の故郷でありながら『帰り』という言葉の指す先にあるのは日本ではない。この感覚は私にも共通する...ポルトガル語と日本語を混ぜながら訥々と語る過去は壮絶な内容だが、まるで何かの生き物の観察日記でも読み上げているかのように淡々としている」

   最初はパパイヤ、後にパルミット(ヤシの新芽)を栽培してきたという老人。妻は2年前に亡くなり、子どもはいないと身の上を語った。

「変わり果てているに違いない日本への払拭できない胸の奥の不安を、私とのおしゃべりで解消したかったのだろう」

   ロスからの乗継便が日本上空に入ったあたりで、老人は「親戚への手土産」を披露した。アマゾンの赤い実で作ったネックレスと、自己の存在証明ともいえるパルミットの瓶詰だった。ヤマザキさんは税関の出口まで同行したが、老人はすでに呆然と立ちすくんでいたそうだ。とりあえず東京駅へ向かうという彼を、ヤマザキさんは「私はパルミット大好きですよ、ヨーロッパでもよく食べます、家族も大好きです」と励ました。

   そして「Boa sorte!=ボア・ソルチ(幸運を)」と。

「すると老人はふわっと花が開くように微笑んだ。泣きそうな顔にすら見えた。「ありがとう」とポルトガル語でひとこと残すと、そのままタイヤの壊れた古いスーツケースを引っ張りながら去っていった」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!