2019年 11月 23日 (土)

梅雨になると便秘になりやすい 睡眠・運動・食事・入浴こう変えよう

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   6月に入り、関東も梅雨入りが迫っている。ツイッターには「梅雨」について「体調を崩しやすい」、「少しダルい時期」といった書き込みが複数見られる。

   例えば「便秘」。記者は毎年梅雨時期になると胃の調子が悪くなると感じているが、関係はあるのか。この疑問を、うんち記録アプリ「ウンログ」を運営するウンログ(東京都渋谷区)の「うん広報」部社員・長瀬みなみさんにメールでぶつけてみた。

  • 梅雨時期は便秘になりやすい? 
    梅雨時期は便秘になりやすい? 

男性より女性が便秘の人が増えると考えられる

   長瀬さんは、腎臓・透析・内科の専門医である大塚真紀医師に確認した話をもとに、梅雨と便秘の関係について、こう解説した。

「梅雨の時期は、気象の変化によって自律神経のバランスが乱れやすいために、便秘になる人が多いと考えられます。また、気圧の変化によって、血液の流れが悪くなるとむくみ、冷えを引き起こし、便秘の原因になる可能性もあります」

   自律神経のバランスが乱れることで起こる不調は、元から体の弱い部分に出やすいと言われている。もともと胃腸系が弱い、あるいは便秘がちだと症状が悪化する可能性があるそうだ。また、男性より女性の方が便秘の人が増えると考えられるという。

「女性にはもともと冷え性の人が多く、筋肉量が男性よりも少なく代謝も悪くなりがちです。それらが気圧変化の影響により悪化しやすくなります。もともと便秘症も多いので、同様に便秘の人も増えると考えられます。また、女性はこの時期薄着になりがちで体を冷やしてしまいがちなので、ますます悪影響を増加させている可能性もあります」(長瀬さん)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!