2019年 6月 18日 (火)

「ゆめかわ系」雑貨ブランド「SWIMMER」復活 2020年に再展開へ

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   かつて一世を風靡した「ゆめかわ系」の名ブランドが帰ってくる。

   2018年1月末に展開を終了した雑貨ブランド「SWIMMER」(スイマー)が、運営会社を変えて2020年からの再展開を目指す。J-CASTトレンドは、新運営会社を取材した。

  • 「ゆめかわ」の名ブランドが復活
    「ゆめかわ」の名ブランドが復活
  • 「ゆめかわ」の名ブランドが復活
    「ゆめかわ」の名ブランドが復活
  • 「ゆめかわ」の名ブランドが復活
    「ゆめかわ」の名ブランドが復活

「愛されているSWIMMERを途絶えさせてはならない」

   SWIMMERは1987年に誕生、動物や食べ物をパステルカラーの色合いでキャラクター化した「ゆめかわいい」系のアイテムを安価な価格帯で展開し、若い女性を中心に支持を集めていた。

   近年は仕入れ単価の高騰で価格帯の維持などが難しくなったとして、旧運営会社は2018年1月末に同ブランドの展開を終えていた。

   一度は消滅した形だが、東日本エリアでバラエティー雑貨を販売するパティズ(福島県会津若松市)が、旧運営会社から「SWIMMER」のブランドを譲受したと2019年5月1日に発表した。その理由についてパティズは、J-CASTトレンドの取材に対し、

「スイマーブランドはファンシー雑貨業界における1つの顔であり、多くのファンの皆様から愛されておりました。皆様に愛されているSWIMMERを途絶えさせてはならないという強い想いから、復活に向けて動き出した」

と回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中