2019年 6月 16日 (日)

歴代「ウィンドウズ」よ、安らかに 「98」「XP」...過去のOSをまつる「お墓」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京・八王子のとある会社の玄関に、コケの生えた楕円形の「墓」がある。3基のうちの一つには、「R.I.P. WINDOWS XP B2001-D2014」の文字が刻まれ、他の2基も同様にアルファベットで「WINDOWS」と書かれている。

   そう、ここは米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」をまつる「墓地」なのだ。

  • 歴代WindowsOSのお墓を展示
    歴代WindowsOSのお墓を展示
  • 十字架のリースに手をかざすと過去OSの起動音が流れる
    十字架のリースに手をかざすと過去OSの起動音が流れる
  • 墓前で祈りをささげるいっとくの永野間社長
    墓前で祈りをささげるいっとくの永野間社長

人感センサーにより各OSの起動音が流れる

   パソコン(PC)の販売・処分を手掛けるいっとく(東京都八王子市)が本社前に設置したのは、1998年に発売され2006年に延長サポートを終えた「ウィンドウズ98」、2001年に発売され14年に延長サポートを終えた「ウィンドウズXP」の墓と、「ウィンドウズ2000」や「ウィンドウズVISTA」など複数のOSをまつった共同墓の計3基だ。

   墓はすべて発泡スチロール製で、映画の小道具を製作する会社に依頼した。墓前にある十字架の花飾りに手を添えると、人感センサーにより各OSの起動音が流れる仕組みになっている。

   なぜ、こうしたユニークな墓を設置したのか。

   いっとくの永野間祐一社長に取材すると、2020年1月に「ウィンドウズ 7」が延長サポートを終了するのに合わせたジョーク企画の一環だという。

「過去のウィンドウズOSをリスペクトするスポットとして、歴代のウィンドウズのお墓を作ってみることにしました」

   永野間社長によれば、すでに「ウィンドウズ7のお墓」も完成済みで、来年1月のサポート終了後に登場させる予定だと明かし、こう呼びかけた。

「不要なパソコン処分ついでに、(OSの)思い出に浸りにお墓詣りはいかがでしょうか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中