2019年 10月 15日 (火)

「ハイレゾ音源」の再生に対応 ブルーレイディスクプレーヤー

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   パナソニックは、ブルーレイディスク(BD)プレーヤー「DP-UB45」を2019年6月14日に発売する。

  • 「HDR」や高フレームレートの次世代規格「Ultra HD BD」が楽しめる
    「HDR」や高フレームレートの次世代規格「Ultra HD BD」が楽しめる

「ディーガ」と組み合わせて録画番組の視聴も

   コンパクトサイズながら4K解像度に加え、60pの高フレームレート、質感の高い表現が可能な「HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)」、広色域規格「BT.2020」などに対応したBD規格「Ultra HDブルーレイ」の再生が可能。高精細で立体感のある鮮やかな色調、滑らかで美しい映像表現を楽しめる。

   HDR規格「HDR10+」「Dolby Vision」に両対応し、各シーンに適した明るさで表示することで、映像制作者の意図に合わせたHDR映像を忠実に再現できる。「開/閉ボタン」を押すと約1秒でトレイがオープンし、ディスクを素早く再生できる「高速トレイオープン」を採用する。

   同社のBDレコーダー「ディーガ」に録画した番組を本機に転送して視聴できる「お部屋ジャンプリンク」に対応する。

   ホームネットワーク上のパソコンやNAS(ネットワークストレージ)、USBメモリーなどに保存された、CDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」を含む音楽ファイルの再生が可能。DSDは2.8/5.6/11.2MHz、WAV/AIFFは384kHz/24bitまでに対応。ファイル形式はWAV/FLAC/DSD/ALAC/AIFF/MP3/AAC/WMAに対応する。

   カラーはブラック。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中