2019年 12月 11日 (水)

長与千種「痴漢撲滅」に力強いメッセージ 「勇気をもって声を上げて」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「 言うは一時の恥、言わないとずっと傷を負ったままに」

   長与さんと門倉選手は学生時代に痴漢にあったことがあると明かした。2人ともその時は「かたまって何も言えなかった」と振り返り、そのことを後悔しているという。

「(『やめてください』と)言うは一時の恥ですが、言わないとずっと傷を負ったままになります。本当に勇気をもって言ってください」

と長与さんは強く促した。

   また長与さんは、痴漢の被害にあったときは絶対に泣き寝入りせず、触ってくる指を掴んで上に掲げるか、指を決して離さずに「やめてください」「すみません、痴漢です」と声を上げるように訴えた。

   トークイベント後、長与さんは駅構内アナウンスで「被害にあっている方は我慢することはありません」「私と一緒に『痴漢撲滅』に向けて戦いましょう!」と力強いメッセージを発信。所属選手とともに構内を巡回し、痴漢撲滅を呼びかけるチラシ類を配布した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!