2019年 10月 20日 (日)

伊藤蘭、ファーストソロ
自然体の新しい始まり

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   女性に対していきなり年齢の話で恐縮ではあるのだが、ソロデビューという言葉で連想する年齢は何歳くらいだろう。誰もが思い浮かべるのは30代、せいぜい40代くらいではないだろうか。

   しかも彼女の場合は、その前に"41年ぶり"というもうひとつの形容詞がつく。ということはそれ以前にも何等かの形で活動していたものの、その後、歌っていなかったということになる。それだけのブランクがある。そんなソロデビューがこれまでにあったかどうかすぐには思い出せない。

   そういう意味でも2019年6月11、12日、Tokyo Dome City Hallで行われた伊藤蘭の「ファーストソロコンサート・2019」は、あまり経験したことのない初々しいものだった。

  • 伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))
    伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))
  • 伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))
    伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))
  • 伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))
    伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))
  • 伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))
    伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))
  • 伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))
    伊藤蘭「ファーストソロコンサート・2019」(写真撮影 樋口隆宏(TOKYOTRAIN))

どこにでもいる女の子の生活感

   伊藤蘭が1970年代にアイドルグループ、キャンディーズの一人だったことに説明は不要だろう。伊藤蘭、田中好子、藤村美樹という3人組。元々は渡辺プロの音楽学校、東京音楽学院のメンバーで作っていた合唱団スクールメイツ出身。1973年にレコードデビューした。

   70年代という時代が今とはかなり異なる音楽環境にあったという話は何度か触れている。"あっち側""こっち側"という業界の関係と片や演歌や歌謡曲、片やフォークやニューミュージックという音楽の流れ。彼女たちは、そのどちらにも偏らない"青春性"を持っていた。

   例えば、同じ時期に登場したアイドル、山口百恵の2枚目のシングル「青い果実」の「あなたが望むなら私何をされてもいいわ」や74年のシングル「ひと夏の経験」の「女の子の一番大切なものをあげるわ」という歌詞に代表されるように10代のアイドル歌手が歌うテーマにはどこか「性」の匂いがした。

   キャンディーズはそうではなかった。

   彼女たちの最初のトップ10入りヒットが75年の5枚目のシングル「年下の男の子」。トップ3入りヒットとなったのは9枚目の「春一番」である。

   少女たちの「禁断の性」という危ういテーマではない日常性。どこにでもいる女の子の生活感を備えつつ愛らしい。それは「歌謡曲」というより「ニューミュージック」に近かった。それでいて音楽は踊れて歌える。ドリフターズの番組のセミレギュラー的存在だったようにお茶の間にも認知されていた。最大のヒット曲となった「やさしい悪魔」の作曲は吉田拓郎である。彼はデモテープを完璧に作り上げ、レコーディングにも直々に立ち会ったというエピソードは有名だ。70年代の"あっち側""こっち側"というジャンルとは違う60年代のアメリカン・ポップスに多かった青春ソングを歌えるアイドルグループ。それは、アイコンとしてのキャラクターが突出していたピンク・レディーとは違う親近感となっていた。

   ただ、彼女たちの活動は長くなかった。どんなに音楽がニューミュージック寄りであろうとアイドルはアイドル。芸能誌やテレビのバラエティー。分刻みの過酷なスケジュールの中で翻弄され、77年、日比谷野外音楽堂のコンサートの最中に涙の解散宣言が発表された。有名な「普通の女の子に戻りたい」という発言をしたのが伊藤蘭だった。最後のコンサートが1978年4月4日、5万5千人という空前の大観衆を集めた女性歌手初の後楽園球場コンサートだった。

   それから41年。3人が同じステージに立つことはなかった。伊藤蘭は女優に転身、歌手としても活動していた田中好子は、2011年に癌のために55歳の人生を終え、藤村美樹は芸能界を引退してしまった。

客席に語り掛けた41年ぶりの第一声

   2019年5月29日に発売された伊藤蘭のファーストアルバム「My Bouquet」は、それ以来の音楽作品。ファーストコンサートの会場となったTokyo Dome City Hallは、旧後楽園球場の敷地にある。41年というブランクを置いての音楽活動が場所的にも繋がったことになった。

   「緊張しています。あまり私に集中しないでバンドやステージのセットアーティストを見てくださいね」と笑顔で客席に語り掛けたのが41年ぶりの第一声だった。

   ソロデビューアルバム「My Bouquet」の制作が始まったのは解散後40年の2018年の夏。様々な作家から集められたという「今の伊藤蘭に歌わせたいと思う曲」は110曲にも上ったのだそうだ。その中から厳選されたのが11曲。作家陣は、井上陽水、阿木燿子・宇崎竜童、トータス松本、門あさ美、平井夏美、陣内大蔵らバラエティーに富んだ作家が並んでいる。名前で選んだというより曲で選んだということはどの曲もそれぞれが作り出すイメージが違うことで分かる。オフィシャルインタビューには、彼女の「私が感じている世界観を曲に反映して、それを日常の中で、色々な場面で聴いていただいて少しでも幸せな気分になっていただけたらなって思いました」という言葉が載っている。

   彼女自身の詩も3曲。その中の曲でもある一曲目の「Wink Wink」は「新しい季節の扉が開いて」と、新たな一歩を踏み出す心境が歌われている。やはり彼女の詩の「女なら」は、「世界中から後ろ指をさされる戻れない愛」がテーマ。トータス松本が書いた「ああ私ったら!」は「年下の男の子」の大人版のようだ。

   大人の女性だから歌える日常の歌。甘酸っぱい青春を経験してきたから分かること。その中には、生活の中の何気ない時間を愛おしむような歌もある。曲調もロックやボサノバ、バラードといくつもの色と光に彩られている。どれもことさらな感情を強調することもなく彼女の体温が伝わる歌になっている。その"品"の良さがそのままコンサートになっていた。

   そう、あまり思い当たることのないコンサート、と書いたのは、「ソロデビュー」という大げさな「鳴り物感」がなかったことだけではない。「大人の女」という言葉の持っている「貫録感」がなかったことがある。

   「緊張している」と言いつつ41年ぶりとは思えない自然体の落ち着き。客席やバンドに対しての気配り。そして、清楚なたたずまい。それは女優という職業性ともまた違った。

   欲のなさ、と言えばいいのかもしれない。41年という時間がどういうものかは、経ってみないと分からないに違いない。少なくともそれだけの時間を生きてない人には想像してもらうしかない。今、歌えることの喜びと幸せ。それが「初々しさ」につながっていたように思った。

   キャンディーズ時代の「春一番」「その気にさせないで」「ハートのエースが出てこない」「年下の男の子」も披露された。歌は歌われてこそ生き続ける。次はあるのだろうか、とも思う。

   でも、「ファースト」があれば「セカンド」もあると思うのが自然ではないだろうか。

   いくつになっても新しい始まりはある。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!