2020年 1月 29日 (水)

「サバ缶」生産量10年間で約2万トン増 背景に「健康ブーム」による需要高まり

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

生産量急増の魚は、ほかにもある

   今後生産量の増加が見込まれる缶詰・びん詰として、担当者は「イワシ」を挙げた。イワシはサバに含まれる「DHA」と「EPA」を同じく含むことから、近年はテレビ等で取り上げられる機会が増えているという。2018年の生産量も約7200トンと、前年の約4700トンから大きく増加した。

   担当者は、

「近年の食品業界は"健康"がトレンドになりつつある。水産品の缶詰は生産量の全体的に横ばい傾向が続くとみられるが、サバとイワシは伸びていくのではないか」

と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!