2019年 11月 22日 (金)

ヤフコメが家畜の鳴き声に大変身 全然読めない...いったい何のため?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「Yahoo!ニュースのコメント欄を好みの家畜の鳴き声に変更する」機能をもつウェブサービスが2019年6月20日、公開された。

   不思議なサービスだが、その目的は――。

  • ヤフコメを豚の鳴き声に変換
    ヤフコメを豚の鳴き声に変換

「仕事中でもニュースを読んじゃう」という悩みを解決

   「豚」「鶏」「牛」「人間」の4種類から鳴き声を選択でき、「豚」「鶏」「牛」では元のコメントと同等の長さの鳴き声となって表示される。「ブヒッ、ブヒッ」といった文字の羅列になり、全く意味をなさない。唯一「人間」を選択したときだけ、通常の言葉として表示されるのだ。

   これは、「デジタルデトックス」社(東京都港区)が開発した、インターネット依存対策として、ネット上の様々なコンテンツにフィルターをかけることができる「Middleman(ミドルマン)」というウェブサービスの一環だ。J-CASTトレンドの取材に答えたデジタルデトックス代表の花房孟胤(はなふさ・たけつぐ)さんによると、「ヤフコメの家畜化」は、「スマホで得られる情報に無自覚に夢中になっている人は、餌を与えられただけ食べる家畜と同じだ」という皮肉を象徴的に表現したようだ。

   花房さんが「Middleman」を考案したのは、「仕事中でも、いつの間にか過激な見出しのニュースをずっと読んでしまう」という状況に困っていたことがあり、そのような「ニュース依存」を解決するためだったという。本来の目的はここにある。実際に「Middleman」の機能には、「ニュースサイトを開こうとするとユーチューブの般若心経のページに飛ばされる」「LINEからニュースを消す」がある。また、SNSでの反応を気にしてしまう人のためにツイッターやフェイスブックでの反応数を非表示にするフィルターも用意されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!