2019年 7月 18日 (木)

連続15時間再生可 ケーブルを首にかけるブルートゥースイヤホン 

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   ソニーは、左右イヤホンをつなぐケーブルを首の後ろにかけるタイプのBluetooth(ブルートゥース)イヤホン「WI-C310」を2019年7月6日に発売する。

  • ワイヤレスでたっぷり音楽
    ワイヤレスでたっぷり音楽

ハンズフリー通話対応

   連続15時間の再生が可能で、同クラスの競合モデルと比べ長時間使い続けられるのが特徴だ。また10分の充電で60分使える急速充電にも対応。光沢加工を施した高級感のあるデザインを採用する。

   クリアな中高音と重厚でパワフルな低音を再生する高磁力ネオジウムマグネットを搭載。空気の通気量を調整する孔を小さくした構造により音漏れを低減する。

   バッテリーとリモコン部は左右でバランスが取れるよう配置し、片方だけが重くてずれることがないとのことだ。ハンズフリー通話や「Siri」「Googleアプリ」などの音声アシスタント機能の起動にも対応する。

   柔らかい素材のフラットケーブルの採用により、丸めて持ち運んでもケーブルが絡まりにくい。左右イヤホンに磁石を内蔵しており、不使用時はまとめて首にかけておける。8台までの機器とのマルチペアリングに対応。

   Bluetoothバージョンは5.0。USB Type-Cケーブル、ハイブリッドイヤーピース(S/M/Lの3サイズ)が付属する。

   カラーはブラック、ホワイト、ブルー、ゴールドの4色。

   市場想定価格は5000円前後(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中