2020年 11月 30日 (月)

東京めざさない福岡の劇団   
  日韓合作舞台の大評判

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

「歴史問題」への踏みこみに心配もあったが

   プロジェクトが5周年の節目を迎えた2018年。笑いのツボは福岡と釜山の舞台で異なるのだが、観客の反応はとても良かった。

   「このまま続けていけば、『HANARO project』はうまく行くだろうと希望の持てる反応でしたね」

   福岡公演の2日前、10月30日に韓国大法院(最高裁)が、韓国人元徴用工への損害賠償を認め、大きなニュースになった。従軍慰安婦問題や竹島(韓国では独島)の領土問題でこじれてきた日韓関係が、さらに悪化しそうな懸念があった。

   それだけに『ナ チャレッチ?』の成功は、意義深かった。日韓両国とも格差社会が定着して、自尊心を持てない人々が増え、ナショナリズムが不満のはけ口になっている。両国の対立の背景を、九州戯曲賞受賞者の脚本家幸田真洋と演出家パク・ジョンウが描き出した。

   「歴史問題に踏み込んだのは、今回の公演が初めてだったので、日韓の演劇関係者が大丈夫だろうか、と恐れていた点もあったのですが、冷静に進められました」

   日下部は、西南学院大学時代に、劇団「轍(わだち)」を立ち上げ、劇団代表として脚本・演出を手がけた。卒業後も福岡市を拠点に演劇活動を続けていたが、30代を迎え演劇活動自体が壁に直面していた。

   「これから何ができるかと考えた時、いろいろな形で目に入ってきた韓国とのつながりや交流を、演劇を通してやりたいと思ったんですね」

   当時、韓国のテレビドラマ『冬のソナタ』が日本で大ヒットし、韓流ドラマが一大ブームを巻き起こしていた。

   2002年にはサッカーのW杯日韓共同開催があり、韓国への関心は高まっていた。友人や劇団員の中に在日コリアンの人たちがいて、韓国との関係は身近なことに感じられた。

   また福岡県出身の劇作家つかこうへいや、俳優でボードヴィリアンのマルセ太郎から強い影響を受けていた。二人とも在日2世で、在日の問題が彼らの表現の根っこにあることを知った。

公益財団法人韓昌祐・哲文化財団のプロフィール

1990年、日本と韓国の将来を見据え、日韓の友好関係を促進する目的で(株)マルハン代表取締役会長の韓昌祐(ハンチャンウ)氏が前身の(財)韓国文化研究振興財団を設立、理事長に就任した。その後、助成対象分野を広げるために2005年に(財)韓哲(ハンテツ)文化財団に名称を変更。2012年、内閣府から公益財団法人の認定をうけ、公益財団法人韓昌祐・哲(ハンチャンウ・テツ)文化財団に移行した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!