2019年 9月 18日 (水)

「ミニストップ」3か月で193店閉店 都市部で顕著、ネットも驚く事態に

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し
「家の近くのミニストップが閉店してた?!ハロハロの季節なのに!」―――。
「近所にある4軒のミニストップのうち3軒立て続けに閉店していっててびびる」―――。

   近ごろツイッター上には、コンビニチェーンのミニストップ(本社・千葉市)の閉店を嘆く書き込みが多い。実際に同社は、2019年7月5日発表の2020年2月期第1四半期決算で、ことし3月~5月にかけて全国193店舗を閉店したと明かした。その理由を取材した。

  • ミニストップはなぜ閉店ラッシュ?(写真は東京都の店舗)
    ミニストップはなぜ閉店ラッシュ?(写真は東京都の店舗)

不採算店整理し来期以降に出店加速

   ミニストップは、北は青森、南は大分まで全国27都府県で展開している。

   閉店店舗を都府県別にみると、前年同期比で東京が21店舗、埼玉と千葉が20店舗、愛知と福岡が19店舗の減少で、多くの人口を抱えるエリアでの閉店が目立った結果だ。

   閉店ラッシュとなった理由をミニストップの広報担当者に取材すると、閉店した193店は不採算店で、その多くはミニストップが用意した土地と建物をコンビニオーナーに提供するタイプだという。こうした店を減らして固定費を圧縮し、営業を続ける他の店舗への投資に回すねらいだと回答した。

   今後の店舗戦略はどうするのだろうか。担当者は、

「これで不採算店舗はなくなった。今期は既存店の投資に注力し、来期以降に出店を加速していきたい」

と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中