2019年 11月 18日 (月)

キャッシュレスで人口14億の社会が一変

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

■『キャッシュレス国家――「中国新経済」の光と影――』(西村友作著、文春新書)

trend_20190718120024.jpg

   最近、「現金」を使うことがめっきり減った。地下鉄はPASMOでピッ、ランチも食堂の券売機でPASMO払い、飲み物を買う地下のセブンイレブンではnanacoカード。気が付くと、丸1日、現金を1円も使わないときがある。

   以前は、いつ何時、入り用になるかわからないので、財布にお札が何枚入っているかぐらいは確認していた。ところが最近は、あまりに現金の使用頻度が減ったこともあって、つい油断してしまう。先日は、「さあ、みんなで割り勘」という場面で、手持ちがないというみっともない経験をした。

   確かに日本でも、キャッシュレス社会が浸透しつつある。

   そのはるか先をいっているのが中国だ。

   中国では、2010年代に入ってスマートフォン(スマホ)にインストールされた決済アプリをプラットフォームとして、これまでになかった新たなビジネスが次々と生まれている。

   本書は、こうしたキャッシュレス社会が到来した「中国新経済」の最新事情を教えてくれる。著者は、北京在住18年の日本人の経済学者。現地の経済金融系重点大学(対外経済貿易大学)で博士号を取り、そのまま教員を続ける中で、日々、自らが体験し、あるいはデジタルネイティブの教え子から教わったキャッシュレス社会のリアルをわかりやすく解説している。

次々と新たなサービスが生まれる中国新経済

   本書の冒頭で、著者がしばしば通う地元の四川料理店での模様が紹介されている。

「テーブルの端に設置してあるQRコードをスマホでスキャンすると、写真付きの料理一覧が出てくる。商品名をタップして数量を入力し、決定するとオーダーされる。食事後は、食べた料理の名前と品数、値段をスマホ上で確認。支払いボタンをタップして指紋認証で完了。店員は料理を運んでくる以外、一切かかわらない」
「お店への支払いはアリババの決済アプリ(アリペイ)を使うが、食後に友人たちと割り勘にするときは、アリババと並んで中国ではポピュラーな決済アプリ、テンセントのウィーチャットペイを使う」

   普通のレストランですらこうなのだから、先をゆく店では、従業員は厨房のみ、その他はすべてセルフサービスといった無人レストランも登場しているという。

   無人化は、飲食店だけではない。無人コンビニ、さらには無人ジム、無人カラオケまで広がっているという(何と無人カラオケは、北京首都空港ターミナルの搭乗口前にまであり、搭乗を待つ旅行客が利用しているとのこと)。

   モバイル決済の普及は、中国の交通事情も大きく変えた。

   スマホを使った配車サービスは、タクシーにとどまらず、一般市民がマイカーを使って有料送迎を行うライドシェアの爆発的普及につながっている。

   また、庶民の足である自転車にも応用され、都市部では「シェア自転車」が広がっている。自転車に貼り付けてあるQRコードをスマホでスキャンすれば利用でき、GPS(全地球測位システム)が搭載されているから、どこでも乗り捨て可能だそうだ。何とこのシェア自転車、「QRコード決済」、「高速鉄道」、「ネット・ショッピング」と並ぶ「新四大発明」と呼ばれたそうである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!