2019年 12月 15日 (日)

「東京タピオカランド」いったいどうなる? 来月オープンなのに中身は謎だらけ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「東京タピオカランド」がオープンする――。

   インパクトのある名称と、いまだ明らかではない実態にツイッターがざわついている。

  • イメージイラストに描かれている「カート」は用意されていないという
    イメージイラストに描かれている「カート」は用意されていないという

前売り完売も全貌不明...広がる妄想

   東京・原宿駅前に「東京タピオカランド」が2019年8月13日~9月16日の期間限定でオープンすると、7月16日発表された。

   人気のタピオカのテーマパークが誕生するニュースは瞬く間に広がり、一時はツイッターのトレンド入りを果たした。そして、発表の翌日の17日には前売りチケットが完売。ツイッターでは、「行くしかない」「前売り券買いました」と楽しみにしている人も多い。中には、「東京だけずるい」「大阪にも来て」「福岡にも作ってほしい」というツイートもある。

   しかし発表内容を見ると、会場内には複数のタピオカ有名店が出店し、フォトブースが設置され、様々なアトラクションが楽しめるとはあるが、具体的な中身は不明。公開されているビジュアルもイメージイラストのみで、その全貌は見えてこない。

   ツイッターでは、様々な妄想が広がっている。

「東京タピオカランドって、タピオカの湯に入ったり、皆でタピオカを投げ合ったりするの?」
「原宿にタピオカランドができるという事は...キャッサバ掘り体験とか、キャッサバから作るタピオカ作りのワークショップに参加できたりするってこと???!」

   他にも、巨大タピオカから走って逃げるアトラクションや、金魚すくいのような「タピオカすくい」、タピオカを模したボールが詰まったプールの中に滑り落ちる「ふわふわタピオカスライダー」などが考案されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!