2019年 11月 19日 (火)

武井壮「聖火ランナー」狙い奮闘 母校で後輩と「#アクエリチャレンジ」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   オリンピック公式スポーツ飲料「アクエリアス」は、東京五輪聖火リレーをグループで走る「グループランナー」を公募する「#アクエリチャレンジ」キャンペーンを2019年6月17日にスタートした。

   7月17日、タレントの武井壮さんが母校・中央学院大学(千葉県我孫子市)で、同校の現役学生たちと「#アクエリチャレンジ」を行った。

  • #アクエリチャレンジで仲間と聖火ランナー
    #アクエリチャレンジで仲間と聖火ランナー
  • 母校に戻り笑顔の武井壮さん
    母校に戻り笑顔の武井壮さん
  • 陸上競技部・駅伝部にアクエリアス5ケースずつを差し入れる
    陸上競技部・駅伝部にアクエリアス5ケースずつを差し入れる
  • 武井さんに質問したい部員たち
    武井さんに質問したい部員たち
  • チャレンジを選ぶ武井さん
    チャレンジを選ぶ武井さん
  • シャドー葉っぱキャッチ
    シャドー葉っぱキャッチ
  • チャレンジ成功を喜ぶ
    チャレンジ成功を喜ぶ
  • エブリワンカップイン
    エブリワンカップイン
  • チャレンジの後はアクエリアスで乾杯
    チャレンジの後はアクエリアスで乾杯

「絶対日本一になれる」熱く激励

   「#アクエリチャレンジ」では、五輪で実施される33競技にちなんだ33種類のチャレンジが用意されている。その中から好きなものを選び、10人以内のチームで挑戦する様子を動画で撮影し、ハッシュタグをつけてツイッターに投稿すると、グループランナーへの応募となる。動画は「#アクエリチャレンジ審査団」の堂安律選手(サッカー)、大迫傑選手(マラソン)、森星さん(モデル)らが審査し、チャレンジの成功・失敗に関わらず「仲間と全力で楽しんでいるグループ」が、東京2020組織委員会に推薦され、選考に進む。

   プロモーションイベントでは、武井さんと現役部員がボクシングにちなんだ「シャドー葉っぱキャッチ」、ゴルフにちなんだ「エブリワンカップイン」にチャレンジした。

   会場は中央学院大学体育館。陸上競技部・駅伝部の現役部員たちが待つステージ上に登場した武井さんは学生時代を懐かしんだ。陸上競技部の選手だった時、雨の日は体育館でよく走っていたそうで、実家に帰ってきたようだと笑顔を見せた。大学4年生で日本インカレ、日本選手権の十種競技で優勝した経験を持つ武井さんは、「毎日、朝から晩までトレーニングをしていた」と当時を振り返った。

「日本一陸上競技を学んで、日本一陸上のことをよく知って、日本一質の高い練習を、日本一量をこなせば、絶対日本一になれる」

と後輩を激励し、各部に5ケースずつのアクエリアスを差し入れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!