2019年 8月 18日 (日)

ええっ、肉だけで24キロ? 12社が集結「本気の」BBQが想像のはるか上

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年7月19日、東京都内某所には屋外バーベキューを目的とした企業12社の公式ツイッターアカウント担当者が集結していた。「CASIO カシオ計算機株式会社」の公式アカウント担当者の呼びかけにより発足した「公式BBQ部」だ。

   食品・飲料・小売・玩具・EC業界などの企業たちが自社製品を持ち寄り、本気でバーベキューをしたらどうなるか――。J-CASTトレンドは、その模様を取材した。

  • 12社の企業公式ツイッター担当者による「公式BBQ」
    12社の企業公式ツイッター担当者による「公式BBQ」
  • 各企業が持ち寄った大量の荷物
    各企業が持ち寄った大量の荷物
  • 持参したエアーソファーを走って膨らませる、総合通販モール「Qoo10」担当者
    持参したエアーソファーを走って膨らませる、総合通販モール「Qoo10」担当者
  • Oisixの野菜
    Oisixの野菜
  • 業務用パックの「こてっちゃん」と野菜炒め
    業務用パックの「こてっちゃん」と野菜炒め
  • 「Donkiステーキ」調理場面
    「Donkiステーキ」調理場面
  • みたけ食品担当者が作ったラヂオ焼き
    みたけ食品担当者が作ったラヂオ焼き
  • つぼ八の定番メニュー・ザンギ
    つぼ八の定番メニュー・ザンギ
  • タカラトミーのボクシングトイ「拳闘士ガチンコファイト」
    タカラトミーのボクシングトイ「拳闘士ガチンコファイト」
  • イワタニ・プリムスのガスランタンが照らすなか、食事と会話を楽しんだ
    イワタニ・プリムスのガスランタンが照らすなか、食事と会話を楽しんだ

唐揚げ、ステーキ、ラヂオ焼き...豪華なメニューが集結

   バーベキュー会場入口に降り立つと、呆然とする光景が広がっていた。台車に「これでもか」というほど荷物が積み上げられているのだ。この量を12人で食べきれるのか――記者は一抹の不安を覚え、各担当者たちも「自社製品だけでは想像がつかなかったが、各社が持ち寄るとこれだけの量になるのか」と驚いていた。CASIO担当者によると「肉だけで24キロ」だそう。以下は用意された食材と、持参企業の一例だ。

つぼ八:ザンギ(編注:北海道で生まれたとされる、しょうゆや生姜などの調味料で下味をつけて揚げる鶏の唐揚げ)2キロ、牛タン4キロ、豆乳揚げパンアイス
ドン・キホーテ:「Donkiステーキ」5キロ
こてっちゃん:業務用「こてっちゃん」パック(1キロ)3パック、牛カルビ5キロなど
Oisix:ねぎ、じゃがいも、ズッキーニ、とうもろこし、アスパラガス、人数分の野菜ジュースなど
みたけ食品:ぬか漬け、白玉だんご、グルテンフリー無糖パンケーキミックス

   各担当者が手際よく調理開始だ。まず「公式BBQ」主催者の1人、Iwataniグループの「アイラップ」ツイッター担当者が持参した「岩谷産業」の網焼きプレートや焼肉プレートを広げ、カセットガスをテーブルにセット。

   これらの調理器具を使い、ドン・キホーテ担当者が次々と「Donkiステーキ」を焼き上げ、こてっちゃん担当者はOisix担当者が洗って切った野菜と業務用パックの「こてっちゃん」を炒める。みたけ食品担当者は岩谷産業のカセットガスたこ焼器「炎タコ」で「ラヂオ焼き」を作り、居酒屋チェーン大手のつぼ八担当者は仕込んできたザンギを揚げる――。会場各所からジュージュー、カラカラとさまざまな音が聞こえ、香ばしい匂いが漂った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中