2019年 9月 23日 (月)

五輪アスリートが考える2020年の「おもてなし」 世界中から訪れる人のために

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ビュッフェダイニング「グランイート銀座」(東京都中央区)では、2019年8月5日まで「池田信太郎が考える2020年のおもてなし」フェアを開催する。

   池田さんは北京、ロンドン五輪と2大会連続でバドミントン日本代表として出場し、東京2020組織委員会では飲食戦略検討委員を務める。レストラン「EPICURE」(東京都港区)のオーナーシェフ・藤春幸治さんと共に考えた、世界中から集まるアスリートやその家族、観光客を「おもてなし」するための料理が提供される。

  • 元バドミントン日本代表の池田信太郎さん
    元バドミントン日本代表の池田信太郎さん
  • レストラン「EPICURE」のオーナーシェフ・藤春幸治さん
    レストラン「EPICURE」のオーナーシェフ・藤春幸治さん
  • 2020年のおもてなしメニュー
    2020年のおもてなしメニュー
  • ヴィーガン担々麺
    ヴィーガン担々麺
  • 「ハラール認証の鶏胸肉のポシェスパイス焼き」
    「ハラール認証の鶏胸肉のポシェスパイス焼き」
  • ハラールのオリーブオイル、豚肉やアルコールに触れていない調理器具
    ハラールのオリーブオイル、豚肉やアルコールに触れていない調理器具

日本では多文化に対応した飲食店が必要

   フェア初日の7月22日に、報道向けの発表会・試食会が行われた。

   池田さんは飲食戦略検討委員としてこの2~3年、東京五輪・パラリンピック開催時の食の提供はどうあるべきか議論してきた。五輪では、選手だけでなく家族やボランティア、観客が様々な国から訪れることが予想される。選手村では思想・宗教や様々な文化に対応した食事が提供されるが、彼らを「おもてなし」するためには、同様の食事を提供する既存の飲食店が増えていく必要がある、と池田さんは話した。

   今回のフェアでは、ダイエットやアレルギー、思想・宗教のために「食べられないものがある」人のための料理を提供するレストラン「EPICURE」の藤春さんに依頼し、ハラール、ヴィーガン、グルテンフリーのメニューを用意した。

   藤春さんは、2020年の五輪をきっかけに様々な文化の人々が訪日し、「食べたいもの」「食べたくないもの(食べられないもの)」が多様化していくと予測する。これから日本の飲食店はそうした変化を理解してメニューを開発していかなければならないと述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中