2019年 9月 22日 (日)

「選手村」、東京五輪1年前の姿 跡地は1万2000人が住む「街」に

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京オリンピックの開会式が行われる2020年7月24日まで1年を切った。東京・晴海では選手宿泊施設「選手村」の建設が進んでいる。

   工事進捗はどのようか。J-CASTトレンド記者は7月23日、「選手村」建設現場に出かけた。仮囲いぎりぎりまで近付き、ファインダー越しに見上げたが全貌がカメラに入りきらない(写真2)。現場では多くの作業員が忙しく行き交っており、未完成部分も多くあるものの、建物の外側だけ見れば完成が近いように感じた。

  • 「選手村」工事現場の様子(1)
    「選手村」工事現場の様子(1)
  • 「選手村」工事現場の様子(2)
    「選手村」工事現場の様子(2)
  • 「選手村」工事現場の様子(3)
    「選手村」工事現場の様子(3)
  • 時間経過で昼から夜に変わり、ライトアップした景色も見られるレファレンスルーム106平米の部屋
    時間経過で昼から夜に変わり、ライトアップした景色も見られるレファレンスルーム106平米の部屋
  • 広いバルコニーが特徴の95平米のレファレンスルーム
    広いバルコニーが特徴の95平米のレファレンスルーム
  • 三井不動産レジデンシャルの古谷さん
    三井不動産レジデンシャルの古谷さん
  • 1/150スケールの「HARUMI FLAG」模型を使った「AR EXHIBITION TOUCH THE FUTURE」
    1/150スケールの「HARUMI FLAG」模型を使った「AR EXHIBITION TOUCH THE FUTURE」
  • バルコニーは部屋の面積に含まれない
    バルコニーは部屋の面積に含まれない
  • 「VIRTUAL STAGE MIERVA」
    「VIRTUAL STAGE MIERVA」
  • ゴーグルは不要で、複数人同時に体験できる
    ゴーグルは不要で、複数人同時に体験できる

最新VR映像技術で実際の眺望を投影

   東京オリンピック・パラリンピック大会終了後、選手村は改築され、5632戸の分譲住宅・賃貸住宅と商業施設を含めた24棟に人口約1万2000人が住む街「HARUMI FLAG」になる。

   選手村工事現場に足を運んだ後、「HARUMI FLAG」の販売センターであり、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)などの技術を使って物件の魅力を伝える「HARUMI FLAG パビリオン」を見学した。記者を案内してくれた、三井不動産レジデンシャルの東京オリンピック・パラリンピック選手村事業部推進室の古谷歩さん曰く、「HARUMI FLAG パビリオン」の見どころの一つがレファレンスルーム(モデルルーム)だ。「HARUMI FLAG」には1260タイプもの部屋があるが、そのうち5つの間取りを例として挙げている。

   古谷さんが「見学者からの反響が多い」と語るのは、レファレンスルーム106平米の部屋。パナソニックの最新VR映像技術を駆使し、レインボーブリッジなど東京湾を一望できる「HARUMI FLAG」の分譲住宅「PARK VILLAGE」13階からの眺めを窓辺に投影(写真4)。実際の部屋の見え方に近づけ、景色をリアルに感じてもらうための工夫だ。古谷さんは「恐らく業界初の試みではないか」と話す。

   海から約500メートルの立地という心地よさを感じられるよう、バルコニースペースを広くとっている95平米の部屋も見学者に人気だ。バルコニーの奥行きは2メートル50センチあり、ちょっとした机やいすも十分置けるが、この面積は95平米の中に含まれていないため、お得感がある。

   そのほかの主な展示内容には、パナソニックのVR空間演出ソリューションによって「HARUMI FLAG」の街並みや共用スペースなどを実物大で体感できる「VIRTUAL STAGE MIERVA」、AR技術を導入した1/150スケールの「HARUMI FLAG」模型にタブレット端末をかざし、画面上に投影される完成後の街の様子を見て楽しむ「AR EXHIBITION TOUCH THE FUTURE」などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中