2020年 5月 27日 (水)

増える児童虐待 村木厚子さんは「弱い人間」として現場の充実を訴える

印刷

意外なカミングアウト

   筆者によると、全国の児相に寄せられる虐待関連の相談は増え続け、昨年は13万件を超えた。虐待そのものが増えているというより、世間の関心が高まり、第三者からの通報が増えたこともあろう。過去16年で相談件数が9倍になったのに、現場で対応にあたる専門職は2倍強にしか増員されていない。

   厚労省で児童福祉のトップも務めた村木さんにすれば、受け入れがたい現実だろう。彼女は現場の人員充実を「世論の力で応援したい」という。もちろん省益追求のたぐいではなく、一線の負担を減らして、ていねいな仕事をさせてほしいということだ。

   児相では、児童心理司や児童福祉司などの専門職が、医師らと協力して働いている。人員不足によって、救える命が救えないのでは何のための児童福祉か分からない。

   私は本作の後半部分に、より感銘を受けた。自らの幼児体験から、弱い人間は自分を守ることで精いっぱいなのだという悔悟、意外なカミングアウトである。

   取材を通じて人には会っているほうだが、己を「弱い」と認められる人が、本当に弱かったためしはない。

冨永 格

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!