2020年 9月 20日 (日)

あなたはどうしてダイバーに? スキューバダイビングの教育機関が調査

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   スキューバダイビングの教育機関「パディ・アジア・パシフィック・ジャパン」(PADI、本社:東京)は、2018年度のダイバー認定証取得者を対象に実施したアンケート調査の結果を2019年7月26日に発表した。

   調査では「新しい趣味がほしかった」ためダイビングを始めたとの回答が多く、ダイビングをはじめる前には「泳げなかった」人もいた。

  • ダイビングをはじめたきっかけは?
    ダイビングをはじめたきっかけは?
  • ダイビングをはじめたきっかけは?

ダイビングしたい場所1位は...

   「ダイビングをはじめたきっかけ」では、全体の半数以上が「新しい趣味がほしい」を理由として挙げた。また、「海の生きものが好き」「家族・友人・知人の紹介」「体験ダイビングを経験して」という回答も多かった。

   「ダイビングを始める際に感じた不安や疑問」では、「(ダイビングに)かかる費用」が全体の4分の3を占めた。また、スキューバダイビングは2人1組の「バディ」を組んで行なうレジャーだが、「仲間がいない」ことへの不安を持つ人や、ダイビングを始めたくても「泳げなかった」、さらに「サメが怖い」という人もいた。

   「ダイビングをしてみたい海外エリア」では、太平洋の島国パラオが1位だった。

   PADIは調査結果に対し、パラオは日本とほぼ同じ経度にあり、日本人ダイバーにとって時差ボケなく潜ることができる点が好まれる理由の一つだと分析している。

   なお、2位はオーストラリア、3位はモルディブだった。

   アンケートの実施期間は2019年6月24日~7月12日。

   対象者は2018年度に全国のPADIの店舗でコースを受講しダイバー認定証「Cカード」を取得した男女1万6000人で、有効回答数は994人。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!