2019年 11月 12日 (火)

タピオカの次は「虫食」がくる! 秋葉原「女性向け昆虫自販機」でオケラをパクリ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   昆虫を原料とした食品を扱う「女性向け昆虫自動販売機」が、2019年7月9日から東京・秋葉原で稼働している。昆虫を使ったスナックやプロテインバーを購入できる。

   自販機の看板商品は加熱処理した虫たちを乾燥させ、塩で味付けした「MOGBUG(モグバク)」で、プレスリリースによると「コオロギ」「スーパーワーム」「サゴワーム」「オケラ」「カイコ」「カブトムシ」「サソリ」の7種類がある。カブトムシはメスの成虫だ。J-CASTトレンド記者は、早速取材に向かった。

  • 「MOGBUG」自動販売機
    「MOGBUG」自動販売機
  • サソリは全て売り切れていた
    サソリは全て売り切れていた
  • かわいらしいパッケージの「MOGBUG」
    かわいらしいパッケージの「MOGBUG」
  • たっぷり入っているオケラ
    たっぷり入っているオケラ
  • 姿がしっかりわかる
    姿がしっかりわかる
  • 前脚の形が特徴的なオケラ
    前脚の形が特徴的なオケラ
  • ポーズもさまざま
    ポーズもさまざま

サソリは売り切れ、カブトムシ狙ったが...

   自販機は、昆虫料理を提供する居酒屋「米とサーカス」を運営する宮下企画が設置した。

   置かれているのは、ダイニングバー「ラフィーネ秋葉原」の前だ。ピンク色にラッピングされ、「MOGBUG」のロゴも書かれている。遠目から見ると何の変哲もない自販機で、知らなければ気付かずに通り過ぎてしまいそうだ。

   「MOGBUG」は、銀色の袋にパステルカラーのラベルが貼ってあり、丸っぽい字の商品ロゴと、デフォルメされた虫のイラストが書かれている。近づくと、売り切れている商品があると気づいた。MOGBUGのサソリだ。人気商品なのか、2枠を使って販売しているが、両方とも「売り切れ」のランプがついている。

   サソリかカブトムシを狙っていた記者は、カブトムシを購入しようとしたが、こちらは販売自体されていない。

   宮下企画の昆虫自販機担当者に理由を尋ねると、

「カブトムシは旬じゃないので」

との答え。季節によって販売される虫の種類も変化するそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!