2019年 11月 18日 (月)

ペコちゃんの目がギョロっと動く 昭和30年代「手提げミルキー」復刻販売

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   不二家(本社:東京都文京区)は、昭和30年代に販売していた「手提げミルキー」の復刻版を、2019年8月21日に東京・日本橋三越本店内の「西洋菓子舗 不二家」で販売する。

  • ペコちゃんの黒目が動く復刻ミルキー販売
    ペコちゃんの黒目が動く復刻ミルキー販売
  • 表面には「ペコちゃん」をデザイン
    表面には「ペコちゃん」をデザイン
  • 裏面には「ポコちゃん」をデザイン
    裏面には「ポコちゃん」をデザイン
  • 「ペコちゃんこけし」のストラップが付属
    「ペコちゃんこけし」のストラップが付属

今とタッチ異なる「ミルキーペコ」

   「手提げミルキー」は、パッケージに不二家のマスコットキャラクター「ペコちゃん」と「ポコちゃん」がそれぞれ表面と裏面に描かれている。

   不二家の担当者によると、青いオーバーオールに黄色いTシャツ姿の「ペコちゃん」は同社が「ミルキーペコ」と呼ぶミルキー製品特有のファッションで、今も基本のデザインは変わっていないという。その一方で、口周りが赤みがかっているなど、顔のタッチは現行のものと異なる。

   ペコちゃん、ポコちゃんの目の部分は立体になっていて、中の黒目が動く仕様だ。また、当時のおまけ「ペコちゃんこけし」がストラップになって付属する。

   ミルキーの味は現在発売されている通常のものと同じだ。

   「復刻手提げミルキー」は全19粒入りで、価格は648円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!

アートネイチャー|マープ ゼロワン