2019年 12月 6日 (金)

「ハッピーターン」4年ぶりリニューアル 「ハッピーシャワー製法」で「コクと旨み」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   亀田製菓(新潟市)は米菓「ハッピーターン」を4年ぶりにリニューアルし、2019年9月2日に発売する。

   「ハッピーパウダー」に加え、コクと旨みをさらに加える「ハッピーシャワー製法」を採用したというが、どんなものか。

  • リニューアルされたハッピーターン
    リニューアルされたハッピーターン

ロングセラー商品だからこその苦労も

   従来のハッピーターンは、焼き上げたせんべいに「ハッピーパウダー」と呼ばれる甘じょっぱい粉をたっぷりふりかけたもの。生地全体に「パウダーポケット」という溝が刻まれ、パウダーが全体にいきわたるようになっている。

   リニューアル商品は、その上からコクと旨みを加える成分をシャワーのように振りかける「ハッピーシャワー製法」で、「コク旨アップ」を実現させた。

   同社の広報担当者は取材に対し、商品のリニューアルにあたってはロングセラーブランドだからこその苦労があると話した。

   消費者の味の好みは、時代に合わせて変わっていく。飽きずに食べてもらうため、またより多くの人に味わってもらうために商品も改良していく必要があるが、ハッピーターンの味はすでに定着しており、それを崩すことはできないという。

   今回のリニューアルでは、味付け自体は変えずにおいしさを増すために何度も試作を重ね、コアなファンにも満足してもらえる仕上がりになった、と担当者は話した。

   ハッピーターンの特設サイトでは、新しいハッピーターンを人々に試食してもらう動画が公開されているが、「安定のおいしさ」「どこが違うんだろう」と味が変わったと気づかない人も多いようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!