2019年 10月 19日 (土)

五輪・パラの「ホストタウン」が魅力発信 都心でショールームイベント

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2020年の東京オリンピック・パラリンピックで、国内の自治体が大会参加国・地域との文化交流を行なう「ホストタウン」制度。

   大会期間中は全国のホストタウンの魅力や交流の様子を発信する「2020ホストタウン・ハウス」が東京・江東区の武蔵野大学有明キャンパスに設けられる。その「ショールーム」となるイベントが2019年8月27日、東京・港区の結婚式場「八芳園」で行なわれた。

  • ホストタウンの魅力を発信するイベントが開催
    ホストタウンの魅力を発信するイベントが開催
  • 山梨市のブースでは名産のワインを展示
    山梨市のブースでは名産のワインを展示
  • 福島県産食材を使ったビーガン対応のお弁当
    福島県産食材を使ったビーガン対応のお弁当
  • 福島県の食材を使ったお弁当を食べる鈴木五輪担当相
    福島県の食材を使ったお弁当を食べる鈴木五輪担当相

鈴木五輪相「東京だけの大会になってはいけない」

   イベントでは、全国の自治体が1年後の「ホストタウン・ハウス」を想定したPRブースを出展。例えば群馬県高崎市は「だるま」の絵付け体験、静岡県静岡市は「お茶」の試飲体験を行うことで、名物・名産を来場者にアピールした。ドイツのホストタウン、山梨市のブースでは、名産のワインを「ドイツ産」のものと比較展示することで、お互いが持つ魅力を発信していた。

   また、東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島)の自治体が、震災からの復旧・復興に支援の手を差し伸べた海外諸国・地域との交流を行なう「復興ありがとうホストタウン」のブースでは、福島県産食材で作られたサンドイッチと弁当が紹介された。

   イベントを視察した鈴木俊一東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当相は、

「東京大会が『東京』だけの大会になってはいけない。『オールジャパン』の大会にするためには、全国のホストタウンの住民が『オリンピックに参加している』という気持ちを持ってもらうことが一つの形になる」

と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!