2019年 10月 19日 (土)

車いすレースで「2100年の東京」を駆ける VRゲーム「CYBER WHEEL X」登場

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   モータースポーツの製品開発を行うRDS(本社:東京)は2019年8月27日、デジタル演出を手掛けるワントゥーテン(本社:京都)との共同で、車いすマラソン・レースをVR(仮想現実)で体験できるゲーム「CYBER WHEEL X」(サイバーウィル エックス)を開発したと発表した。

   ワントゥーテンが2017年に開発した「CYBER WHEEL」の後継作で、エンターテインメント性とテクノロジー面で進化を遂げた。

  • 車いすレース・マラソンのVRゲームが進化
    車いすレース・マラソンのVRゲームが進化

「パラスポーツを身近にしたい」

   「CYBER WHEEL X」では新たに2100年の東京の街をイメージしたコースを設け、通信対戦やデータ対戦も可能になった。また、「ハンドリム(駆動輪の外側の持ち手)」ウエイトの技術により、上り坂では負荷がかかり、下り坂では加速することで、実際の車いすレースに近い体感を得られようになった。

   「トレーニングモード」は、世界記録やトップレーサーとのデータ対戦、ハンドリムの回転数の確認や負荷調整が可能で、実際の車いすアスリートがトレーニングとして利用できる。

   RDSは発表の中で、「スポーツを通じて技術開発が進み、日常に落とし込まれていくことこそが、ボーダレスな社会の実現につながっていくと考えている」同社が、ワントゥーテンと共に「CYBER WHEEL X」を開発したことを説明。「純粋に"面白そう""やってみたい" そんなエンターテインメント体験を通して、パラスポーツを身近にしたい」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!