2019年 9月 19日 (木)

フリーズドライ食品で「デコ体験」 アマノフーズが横浜でイベント

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アサヒグループ食品(本社:東京)は、フリーズドライの食品ブランド「アマノフーズ」製品を使用した体験イベント「親子で作って食べよう!夏デコカレー♪」を2019年8月21日に神奈川の商業施設・横浜ベイクォーターで開催した。

  • フリーズドライのカレーを作る子ども
    フリーズドライのカレーを作る子ども
  • 使用したフリーズドライ食品
    使用したフリーズドライ食品
  • 講師担当は食品マーケティング部の鈴木章子さん
    講師担当は食品マーケティング部の鈴木章子さん
  • フリーズドライに挑戦する親子
    フリーズドライに挑戦する親子
  • カレーにデコレーションをする子ども
    カレーにデコレーションをする子ども
  • 子どもが作った「顔」のデコカレー
    子どもが作った「顔」のデコカレー
  • カレーを美味しそうに食べる子ども
    カレーを美味しそうに食べる子ども
  • 横浜・ベイクォーターにあるアマノフリーズドライステーション
    横浜・ベイクォーターにあるアマノフリーズドライステーション

ナスと枝豆で「顔」再現する子も

   フリーズドライは食品を凍らせたまま真空状態で乾燥させることで、中に含まれる水分を抜く技術。食べる際にはお湯を注ぐだけで簡単に調理ができる。アマノフーズでは味噌汁やパスタ、カレーなど約150種類のフリーズドライ食品を展開している。

   イベントは夏休み中の親子が、フリーズドライのカレーやビーフシチューにお湯を注ぎ、用意されたトッピングでデコレーションするというもの。トッピングに使われた枝豆やナスもフリーズドライ食品だ。

   事前にデコレーションの見本として講師が作成したものは、耳がナスに、鼻が枝豆になったネコのカレーだったが、子どもたちは自由な発想で独自作品を制作。最終的には「顔」や「太陽」など、個性あふれるデコカレーがテーブルの上にならんだ。

   自分で作ったカレーを食べた子どもたちからは「辛いけどおいしい」「野菜がおいしい」との声。親たちも「忙しい時に便利かも」「フリーズドライとは思えないほど美味しい」とフリーズドライのクオリティの高さを評価していた。

   イベントの講師を務めたアサヒグループ食品マーケティング部の鈴木章子さんは、

「今回のイベントでフリーズドライの美味しさを知ってもらえたと思う。調理時間がない時だけでなく、お食事の1品として一人で食事する際にも活用してもらえたら」

と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中