2020年 10月 22日 (木)

Bリーグ、W杯、そして東京五輪へ 「クレバーな司令塔」田中大貴【特集・目指せ!東京2020】

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

日本代表としてまずは「W杯で良い結果を出したい」

   田中選手も選出されたバスケットボール男子日本代表は、8月31日から中国で開幕するFIBAワールドカップ(W杯)でトルコ、チェコ、米国と対戦する。海外チームと戦うことについて、

「リーグの試合より国際試合の方が、フィジカル面でタフなゲームが多いと思っています。その点は自分たちがこれからW杯へ出ることで痛感するでしょうし、そこで得たものを日本に持ち帰って、リーグのレベルをどんどん上げていかないといけない。その責任も代表メンバーにはある」

と気を引き締める。

   代表の東京五輪出場決定や、NBAでの渡邊雄太選手の活躍、八村塁選手のドラフト1巡目指名などが重なり、空前のバスケブームを迎えている日本。国内の「バスケ熱」の高まりを、「(8月中に行なわれた)親善試合もそうだったが、たくさんのお客さんがバスケを見に来てくれるようになっている」と実感している。

「次のW杯で良い結果を出せば、日本国内でもっともっと盛り上がっていくんじゃないかと思う。今、代表メンバーに残っている身としては、なんとかW杯で良い結果を出したいという思いが一番です」

   今後1年は、W杯、Bリーグ、そして東京五輪が控える。例年にないハードスケジュールをこなすことになりそうだが、田中選手の言葉は力強い。

「代表とチーム、どちらの活動においてもいい結果を出したいという気持ちはありますし、結果を出すためにはコンディショニングをしっかりやらなければいけないと思います。大変なのは分かっていますけど、やりがいはある。今年のシーズンと来年の東京五輪はキャリアの中でも重要な時期になってくると思うので、今まで以上に自分の身体に気を遣いながら、集中してシーズンを過ごしたいです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!