2019年 9月 20日 (金)

世界最小・最軽量のネイティブ4Kプロジェクター キヤノン

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズから、4Kプロジェクター「4K6021Z」を2019年9月上旬に発売する。

  • 高輝度で長寿命、コンパクト
    高輝度で長寿命、コンパクト

DisplayPort 1.2対応端子×2を新搭載

   6000ルーメンの高輝度を実現したLCOS(エルコス=反射型液晶)方式のネイティブ4Kパネルを搭載した、レンズ交換式のレーザー光源タイプ。光源寿命は約2万時間で、メンテナンス負荷を軽減できる。

   光学システムのパーツ類の小型化など、世界最小・最軽量だという従来モデルの筐体設計はそのまま、インターフェイスの強化を図った。HDMI×2、RJ-45(HDBaseT)×1に加え、「DisplayPort 1.2」対応の接続端子×2を新搭載し、RGB4:4:4(10bit)信号での4K/60p映像の投写ができる。

   同社の既発モデルとの「共通プラットフォーム設計」を採用し、超短焦点から超望遠までの7本の別売交換レンズが使用可能だ。上下左右の電動レンズシフト、電動ズーム・フォーカスを搭載し、リモコンから簡単に投影映像を調整できる。

   無料のiOS専用アプリ「Canon Service Tool for PJ」に対応。リモコン操作や状態の管理などがWi-Fiを介してスマートフォンから行える。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中