2019年 9月 18日 (水)

浜田省吾、新ツアー映像
なぜ根強い聞き手に支えられてきたか

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   浜田省吾は、コンサートのなかで、この日の趣旨について、こう話した。

    「もし、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンが生きていて、ビートルズが再結成されて『IN MY LIFE』を聞くことが出来たら。カレン・カーペンターが生きてて『CLOSE TO YOU』や『YESTERDAY ONCE MORE』を聞けたら、ツエッペリンのジョン・ボーナムが元気で、生で『GOODTIMES BADTIMES』をみることが出来たらどんなに素晴らしいだろう。でも、彼らはもういない。しかし、俺はまだ生きてる」

  • 「Welcome back to The 70’s “Journey of a Songwriter
    「Welcome back to The 70’s “Journey of a Songwriter"  since 1975 君が人生の時~Time of Your Life」のジャケット((C)ROAD&SKY TERUHISA TAJIMA、以下同)
  • シングル「凱旋門」
    シングル「凱旋門」
  • 浜田省吾
    浜田省吾

穏やかでアットホームな会話

   2019年9月4日、浜田省吾のDVD「Welcome back to The 70's "Journey of a Songwriter"  since 1975 君が人生の時~Time of Your Life」が発売になった。

   去年の9月から今年の1月にかけてのツアー「100%FAN FUN FAN 2018」の一環としてNHKホールで行われたチャリティー・コンサートの模様を収録したものだ。

   浜田省吾は、メディアに登場しないことでも知られている。でも、会員数が6万1535人(2019年7月現在)というファンクラブ「Road&Sky」の年6回の会報誌では毎号インタビューに登場し、日々の出来事やこれまでの活動、レコーディングやツアーについての飾らない話をしている。

   そういう意味では、ファンクラブの会員とそうでない人でこれほど認識が違うアーティストも珍しいのではないだろうか。

   「100%FAN FUN FAN」は、ファンクラブ限定のツアー。去年の「2018」は、自分の70年代の曲だけを歌うという、生涯初めてと思われる貴重な内容だった。

   彼は、そんな話をしながらこう続けた。

   「遥か遠い昔、俺の歌を聴いて育ててくれた皆さんと思い出のアルバムを開くように思い出の歌を楽しめたらいいな、と思って開きました」。

   浜田省吾は1974年、広島の音楽仲間と組んだ5人組バンド、AIDOのドラマーでありソングライターの一人としてデビューした。

   彼らが注目されたのはプロとしての最初の活動が広島の先輩、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いの吉田拓郎のバックバンドだったからでもある。にも拘わらず、思うような結果を残せないまま、浜田省吾はバンドを脱退、1976年4月にシングル「路地裏の少年」、アルバム「生まれたところを遠く離れて」でソロデビューした。

   以来、70年代にはオリジナルアルバムを5枚残している。「70年代の曲だけ歌う」というこの日の一曲目は、デビューアルバムのタイトル曲「生まれたところを遠く離れて」。何と、ギター一本の弾き語りだった。

   この欄で何度か触れているように、70年代がどういう時代だったかを説明するのはかなり厄介だ。音楽状況はもちろん、世の中の空気も今とは天と地ほどの差がある。大学のキャンパスには60年代後半からの学生運動の残り火がくすぶっており、若者たちは将来の展望をつかめずに葛藤していた。浜田省吾のデビュー曲「路地裏の少年」も、そんな中で「家を出る」ことで自分の人生の道を切り拓こうとした少年の旅立ちの歌だ。

   ステージの後方のスクリーンには、当時のキャンパスや喫茶店の壁に見られたようなピースマークや落書きが書かれている。

   彼は、「ソングライターが書く歌は、必ずしもその人自身ではなく、歌の中の主人公。俺じゃないから」と前置きしつつ、思春期の頃、何人の女の子に恋をしたかを明かし、その頃のフォークソングのような「フーテナニー」スタイルで予備校が舞台の「19のままさ」を客席と一緒に歌う。

   ライブハウス時代に歌っていた「遠くへ-1973年・春・20才-」は、彼が大学に入学してすぐに目撃した学生同士の衝突が背景になっている。歌詞の中に出てくる学生運動の「赤いヘルメット」は広島カープのものじゃないよ、と客席を笑わせる。

   ライブに行ったことのない人には、彼がこんなに穏やかでアットホームな会話をするとは想像出来ないかもしれない。

一つの歌にいくつもの人生模様がある

   浜田省吾の活動の特徴の一つにミュージシャンやスタッフとの絆の強さがある。弾き語りコーナーの途中で参加したギタリストの町支寛二は、広島フォーク村の高校生バンドの一員。浜田省吾と初めて会ったのは1969年。それぞれ別々に上京し、AIDOで一緒になった。

   全員で合宿している時に出来たという「朝からごきげん」を披露し、その頃のツアーの思い出話に及んで行く。まだバンドでライブが出来ない頃は、二人で全国を回っていた。居酒屋の片隅やデパートの催し場、客席にはその頃から聞いてきた人もいる。

   それぞれが積み重ねてきた時間が会場の空気を作って行く。一部の弾き語りコーナーの最後は「この曲で盛り上がらなかったら、今日はこれで終わり」という冗句つき「路地裏の少年」の大合唱だった。

   浜田省吾は70年代に5枚のアルバムを残している。でも、商業的な意味で成功したというアルバムはなかった、と言っていい。シングル・チャートも79年の「風を感じて」までは、ほぼ無縁だった。

   70年代の後半は、日本のポップミュージックが激変した時代だ。それまでのフォークやロック、メッセージ色の強い音楽が、ニューミュージックになり、シティ・ポップスに変わって行く。浜田省吾が70年代に発売した5枚のアルバムは、そんな変化とどう折り合いをつけながら自分の音楽を確立してゆくかという試行錯誤の産物でもあった。

   とは云うものの、メロディーメーカーとしての資質や言葉の瑞々しさには、今聞いても古さを全く感じさせない曲がたくさんある。メディアが伝えなかったそうした彼の魅力にいち早く反応したのが、その頃から聞いている人たちだ。

   すでに限定発売されたこの「Welcome back to The 70's」ツアーの「メモリアルブック」(リットーミュージック刊)には、浜田省吾と当時から関わっているスタッフとの座談会的インタビューや、ファンからの4500以上という「思い出の曲」へのコメントの一部が紹介されていた。

   名前も知らなかった彼の曲をたまたまラジオで聞いた時の印象、学園祭に来ていて初めて見た時のこと、ホールの半分も埋まっていなかったライブでの感想。中学や高校の時のことや上京して一人暮らしを始めた頃の自分、初恋だったり失恋したり、あるいは離婚した時のことだったり。それぞれの人生にこんな風に入り込んでいる。一つの歌にこんなにいくつもの人生模様がある。そうした出会いは、ファンクラブ会員ならではだと思った。

   そして、彼が「みんなで思い出を」と言った根拠を見るようだった。

「風を感じて」はまさに「みんなの歌」だった

   二部は、バンドが登場した。

   町支寛二(G)、小田原豊(D)、美久月千晴(B)、長田進(G)福田裕彦(KE)、河内肇(P)、古村敏比古(Sa)、佐々木史郎(Tru)、清岡太郎(Tr)、中嶋ユキノ(Ch)、竹内宏美(Ch)という不動のメンバー。古村敏比古とはまもなく40年になろうとしている。

   まだバンドでツアーも出来ない頃に作った曲たちを今、最も信頼できる超一流のメンバーと演奏する。二部の一曲目の「雨の日のささやき」、二曲目の「恋に気づいて」は77年の二枚目のアルバム「Love Train」の1、2曲目。はずむように口ずさみたくなるポップソングとして支持の高かった曲が高度なアレンジで生まれ変わる。ステージで初めて歌ったという79年の「子午線」、アメリカ西海岸のAORのような「ミスロンリーハート」や「いつわりの日々」。当時は語られることも少なく、それでいてファンの中で聞き継がれてきた曲が今の音で蘇ってゆく。

   そんな流れの中での「風を感じて」はまさに「みんなの歌」であり、本編最後の曲、79年のアルバムのタイトル曲「君が人生の時...」は、会場にいた全ての人の「人生の歌」のようだった。

   浜田省吾は「メモリーブック」の中でこの日のことをこう話している。

   「長く置いたままになっていたワインを出してきて『もうこれ、飲めないかもしれないね』なんて言いながら栓を開けてみたら、『こんなに美味しかったんだ!』と思うくらいのビンテージのワインになっていた」

   彼が、なぜ、これだけ根強い聞き手に支えられているのか、音楽はどう聴かれるべきなのか、そして、歌の生命力とは何なのか。

   いくつもの答えのようなライブ映像だった。

   2019年9月14日からは「100% FAN FUN FAN・Welcome Back to The 80's PartⅠ」がスタートする。

   それに先駆けて、82年のアルバム「PROMISED LAND~約束の地」の中の「凱旋門」、80年のアルバム「HOME BOUND」の中の「明日なき世代」、81年のアルバム「愛の世代の前に」の中の「防波堤の上」が新録音でシングルとしてDVDと同時発売される。

   父や母の思い出と重なる曲と60年代後半に思春期を過ごした世代の歌。そんな背景はファンクラブの会員なら誰もが知っているだろう。今、なぜその三曲なのか、ステージでそんな話も聞けるに違いない。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーティスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中