2019年 9月 18日 (水)

「島耕作」が愛した味がカップ麺に 「虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   日清食品は、「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香(からかお)るラー油の鶏そば」を、2019年9月9日に発売する。

  • 日清食品、港屋、島耕作のコラボが実現
    日清食品、港屋、島耕作のコラボが実現

幻の有名店の味を再現

   19年2月に幕を下ろした"幻の有名店"「虎ノ門 港屋」の味わいをカップ麺で再現。元店主である菊地剛志氏と開発したオリジナルメニューだ。同店は02年に東京の虎ノ門で創業した立ちそば店。人気漫画『島耕作』シリーズにも、同店をモデルとした店が何度も登場している。

   胡椒と山椒、花椒をきかせた甘い鰹だしのつゆが、新開発の太そばとマッチ。別添の特製「港屋 辛香るラー油」を仕上げにかければ、ピリッとした辛さと風味豊かな味わいが楽しめるという。

   パッケージには、同作の作者である弘兼憲史氏の特別描きおろし原画を使用。まるで漫画のワンシーンのような、ファン垂涎のデザインを実現した。

   希望小売価格は228円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中