2019年 12月 8日 (日)

流行のオペラを取り入れ変奏曲に ベートーヴェンのピアノ三重奏曲「街の歌」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ベートーヴェンは、クラシック音楽にとって、とても大きい存在です。音楽史でいうと「古典派」の時代に属する人ですが、同じ古典派時代のハイドンやモーツァルトと違ったのは、初めから宮廷や教会の旧来の権力のために音楽を書いたわけではなかった、ということです。エステルハージー家の宮廷楽長だったハイドンや、キャリアの最初は父に倣ってザルツブルク大司教に仕えたモーツァルトと違って、ベートーヴェンは、貴族から援助は受けていたものの、最初からウィーンの「一般の聴衆」を意識して作曲した作曲家でもありました。

  • ピアノ三重奏、ピアノ、クラリネット(またはヴァイオリン)チェロのためのと書いてある第1楽章冒頭の楽譜
    ピアノ三重奏、ピアノ、クラリネット(またはヴァイオリン)チェロのためのと書いてある第1楽章冒頭の楽譜
  • 第3楽章にはテーマ『仕事の前に』と書いてある
    第3楽章にはテーマ『仕事の前に』と書いてある

「商売」においては意外と現実的

   今日取り上げる作品は、ベートーヴェンがまだ若い27歳ごろに作曲したピアノ三重奏曲 第4番「街の歌」です。ピアノ三重奏曲という編成は、通常はヴァイオリンとチェロとピアノという3つの楽器によって演奏しますが、この曲は、クラリネットとチェロとピアノで演奏することがメインに想定されている珍しい曲です。ヴァイオリンでも演奏できるように、その場合の譜面もベートーヴェンは用意しましたが、本来はあくまでクラリネットが参加します。ボヘミア出身で、フランスでクラリネットと出会い、この楽器の第一人者となったヨーゼフ・ベーアという人から依頼を受けたからだと考えられていますが、当時最新鋭の楽器だったクラリネットを積極的に室内楽にも入れていくところが、ピアノなどにおいてもすぐに新しい楽器の性能を生かした曲を書いていった実験精神に富むベートーヴェンならではの作品ともいえます。

   常に新しい楽器を取り入れ、作曲においてもいろいろな新機軸を打ち出して作品を生み出していったベートーヴェンですが、実は「商売」においては意外と現実的でした。彼が、楽譜出版社に対して送った自作の値付けについての手紙が残っているのですが、本来の作曲の手間を考えたら一番高価でもよい交響曲には低い値段を付け、さらには現代ではそれに次いで人気のあるピアノソナタにも決して強気の値段は付けず、室内楽、たとえばピアノ三重奏などに一番高い値段を提示しているのです。それは、交響曲は一般の人々には奏者を集めて演奏するのがほぼ不可能、ピアノソナタも高い技術が要求されるために演奏困難、それにくらべて、日曜音楽家たちが集まって演奏する可能性もある室内楽作品の楽譜は、売れるだろう、という計算が働いていたからです。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!