2019年 10月 22日 (火)

「江戸図屏風」に隠れた徳川家光を探せ 羽田空港で「江戸文化」をAR体験

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   文化庁は、東京・羽田空港国際線ターミナル5階のモニュメント「はねだ日本橋」で、「江戸文化」がテーマのAR(拡張現実)作品「屏風から家光を探せ,からの,取り出す江戸時代」を2019年9月11日から展示している。

   国内の空港など10か所程度で展開する訪日観光客向けプロジェクト「メディア芸術×文化資源 分散型ミュージアム」の一環として、9月27日までの期間限定で公開される。

  • 「江戸文化」テーマのAR作品を展示
    「江戸文化」テーマのAR作品を展示
  • 「江戸文化」テーマのAR作品を展示
    「江戸文化」テーマのAR作品を展示

「江戸のまち」映した歴史資料がモチーフ

   作品は国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が所有する、江戸時代初期の江戸市街地の景観を描いた「江戸図屏風」と、同館内にある巨大ジオラマ「江戸橋広小路模型」をモチーフにしたゲームになっている。

   デジタル端末を「江戸図屏風」にかざし、屏風から切り取られた9枚の絵の中に隠れた江戸幕府3代将軍・徳川家光を見つけると、端末の画面に江戸時代の再現風景が映し出される仕組みだ。

   作品を手がけたのは、ARを用いたミュージックビデオやお笑いの舞台を制作してきた開発ユニット「AR三兄弟」の川田十夢さん。「(歴史資料を)あらゆる角度から撮影しなければならず、博物館が閉館してから夜中の間、1週間かけてずっと撮影していました」と制作の様子を明かした。

   文化庁参事官(芸術文化担当)の坪田知広さんは「最新のAR技術を使っていることで、訪日外国人の方々にも響くと思います。日本の文化を身近に体感いただけるのではないでしょうか」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!