2019年 11月 19日 (火)

「ドラクエウォーク」と「ポケGO」二刀流で体力の限界 「身体ボロボロ」悲痛な叫び

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   コロプラ(東京都渋谷区)がスクウェア・エニックスと共同開発したスマートフォン(スマホ)向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク(以下、ドラクエウォーク)」が2019年9月12日に配信開始された。それから1週間余り経った現在、ツイッターでは「楽しい」という声に混じり、こんな悲鳴が聞こえてきている。

「ポケモンGOとドラクエウォークを両方やると身体がぼろぼろになる。どちらかを辞めなければ...」
  • 「ドラクエウォーク」と「ポケGO」、両立は無理なのか
    「ドラクエウォーク」と「ポケGO」、両立は無理なのか

「犬の散歩時間倍増」「体力持たない」「足が痛い」

   ドラクエウォークは、RPG(ロール・プレイング・ゲーム)「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」の世界と化した現実世界を、プレイヤーが主人公となって歩き、モンスターを倒したり、「クエスト」を達成したりして冒険するゲームだ。対して、16年にリリースされたスマホゲーム「ポケモンGO」。こちらも位置情報を活用しており、現実世界そのものを舞台にしてポケモンを「捕まえる」、「交換する」、「バトルする」ことができる。

   つまり、もともとポケモンGOで遊んでいたユーザーが新たにドラクエウォークを始めた場合、同じ位置情報を使った2つを進行させる必要に迫られる。ツイッターで確認した限り、体に負荷をかけ、苦労して両立させているユーザーは少なくない。

「ポケモンGOとドラクエウォークのせいで足が痛いw」
「ポケGOとウォークに関しては同時進行できないから結構大変 必然的に犬の散歩時間が倍増」
「位置ゲー二つ同時に盛り上がってしまうと体力持たないしホント忙しい!」

   歩くことで健康増進が期待される位置情報ゲームも、複数を無理に両立させようとするとヘトヘトになってしまうのか――。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!