2019年 10月 16日 (水)

「ぶぶ漬けでも」言われたことありますか 京都で聞きまくったら全員同じ答えに

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   京都人に「ぶぶ漬け(編注:お茶漬けのこと)でも」とすすめられたら、それは「早くお帰りください」という意味だ――。ツイッターをはじめ、ネットで取り沙汰されているこの「都市伝説」めいた逸話は、本当なのか。

   2019年8月30日にJ-CASTトレンドが配信した記事で「京都人から『褒め言葉』風の悪口、または注意を受けたことがあるか」投票を募ったところ、約1400票が集まった。そのうち300人が「『ぶぶ漬け』の嫌味を言われたことがある」と回答している。そこで今度は実際に京都で、「ぶぶ漬けでも」発言の真偽について地元の人に取材した。

  • 京都人の「ぶぶ漬けでも」発言、本当にあるのか
    京都人の「ぶぶ漬けでも」発言、本当にあるのか

「帰ってください」に近いニュアンスで...

   「『ぶぶ漬けでも~』と言われたことがあるか」。20歳~50歳の「京都人」男女10人に直撃すると、結果はなんと全員が「ない」だった。

   在住歴15年の30代男性は「都市伝説でしょう」ときっぱり。「『ぶぶ漬けでも~』ではなく、違う表現で『早く帰ってほしい』と伝える人はいるかもしれませんが」と苦笑混じりに教えてくれた。自宅や会社に営業や販売員が来た際「帰ってください」に近いニュアンスで「考えとくわ」と切り返すことがあるそうだ。

   在住歴27年、京都で生まれ育ったという20代女性は「ぶぶ漬けでも」の嫌みがあることを「ネットで最近知った」と明かした。「ぶぶ漬け」が「お茶漬け」のことだというのも、その時に初めて知ったそうだ。

   京都に40年近く住んでいる男性は、

「学生から60代くらいまでさまざまな年代の知り合いがいるが、言ったことも言われたこともない。京都人の中でも、70代以上の高齢者が使う言い回しではないか」

と推測していた。記者が前述の投票結果を挙げ、約300人が「嫌味を言われたことがある」ようだと伝えると、男性は「そういう都市伝説的な言い回しがあるとわかっている内輪で、ネタや冗談みたいな感覚で言うことがあるのかも」と私見を述べた。

「本音がわからない」「遠回しにえぐってくる」

   京都周辺地域に住んだ経験がある10人(大阪府在住5人、兵庫県在住5人)にも同じ質問を投げ掛けた。結果は同じく、全員が「言われたことがない」。中には記者の質問に対し「ぶぶ漬けってなんですか?」と首を傾げる人も数人いた。

   大阪在住の30代男性は「もし『ぶぶ漬けでも』と実際に言われたら、どう受け止めるべきか迷いそう」と困惑した様子を見せた。日頃、仕事で京都の人と接していると本音がわからず、言葉通りに受け取っていいのか悩む場面があるそうだ。東京在住で、以前兵庫に30年弱住んでいた女性は京都の大学に通っていた妹や、京都住まいの知人の言動を思い返し、

「『ぶぶ漬け~』は言われたことがないが、会話をしていて遠回しにえぐってくるなと思うことはある(笑) 言いたいことがあるならはっきり言ってほしいけど、それが京都人の美学なのかなとも感じる」

と評していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!