2019年 10月 16日 (水)

「ルマンド」もうカバンの中で粉々にならない ギュッとつまったひと口サイズ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   菓子メーカー・ブルボン(新潟県柏崎市)は、ロングセラー菓子「ルマンド」をひと口サイズにした「ひとくちルマンド」を2019年10月1日に発売する。

   従来品よりも密度を高めた生地を、チョコレートでコーティングしている。「粉々に砕けにくくなっている」のが特徴だ。

  • ひとくちルマンド
    ひとくちルマンド
  • ひとくちルマンド断面図
    ひとくちルマンド断面図

「粉砕経験」が数多くツイートされていた

   通常の「ルマンド」は薄い生地が何層にも重なったクレープクッキーをココアクリームでコーティングした商品だ。

   非常に繊細なため、「気づいたら粉々になっていた」という経験がある人も多いだろう。

   ツイッターで検索すると、「かばんの中でボロボロになってしまった」「ポッケに入れっぱなしにし、粉砕してしまった」といった体験談が数多くツイートされている。「サクサクの食感たまらない」「粉砕してから食べるのが好き」という意見がある一方、「美味しいけどすぐ粉砕しちゃうから苦手」「ルマンドは袋の中での粉砕事故が多くてあんまり好きでない」との書き込みも少なくない。

   取材に答えたブルボン総務推進部の担当者にも、消費者の不満は伝わっていた。

   「ひとくちルマンド」はひと口で食べられる大きさにするのに加えて、ギュッとつまったクレープ生地を使い、従来品よりかみ応えのある仕上がりだ。そのため、粉々に砕けにくくなっている、と説明した。

   コーティングにチョコレートを使用することでカカオ感が増し、手にも付きにくくなっているとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!