2019年 10月 19日 (土)

雨に降られてもへっちゃらなアウトドア施設 「ロゴスランド」宿泊体験記

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アウトドアブランドの「LOGOS」を展開するロゴスコーポレーション(大阪市)が運営する、総合アウトドアレジャー施設「LOGOS LAND(以下、ロゴスランド)」。第1期オープンは2018年6月30日で、その1年後にあたる19年6月29日に宿泊施設やBBQエリアを拡大した。

   京都府城陽市総合運動公園レクリエーションゾーンをリニューアルして生まれた場所で、施設総面積は東京ドームの約2個分と、かなり広々としている。記者は9月20日、ロゴスランドに赴き、実際に宿泊してみた。

  • 「アイリスイン城陽」キャンプサイト2テントタイプ
    「アイリスイン城陽」キャンプサイト2テントタイプ
  • プライベートBBQが楽しめる「アイリスイン城陽」タープタイプ(テラス付き)
    プライベートBBQが楽しめる「アイリスイン城陽」タープタイプ(テラス付き)
  • 「プラムイン城陽」テントタイプ
    「プラムイン城陽」テントタイプ
  • 「プラムイン城陽」1階・ロゴスファミリーレストラン
    「プラムイン城陽」1階・ロゴスファミリーレストラン
  • 「アイリスイン城陽」2階・ロゴスカフェ
    「アイリスイン城陽」2階・ロゴスカフェ
  • 屋外BBQが楽しめる「BBQスタジアム」
    屋外BBQが楽しめる「BBQスタジアム」
  • 「アイリスイン城陽」1階のロゴスショップは京都初のLOGOS直営店
    「アイリスイン城陽」1階のロゴスショップは京都初のLOGOS直営店
  • 「プラムイン城陽」3階・BBQテラス
    「プラムイン城陽」3階・BBQテラス
  • 子どもたちに大人気のトランポリン「ふわふわドーム」
    子どもたちに大人気のトランポリン「ふわふわドーム」
  • ロゴスランド名物、メイプルのコラーゲンボール入り「メイプルソフトクリーム」
    ロゴスランド名物、メイプルのコラーゲンボール入り「メイプルソフトクリーム」

「キャンプデビューのきっかけに」

   まず訪れたのは、3か月前にできたばかりの宿泊施設「アイリスイン城陽」。6~16人で泊まれる「キャンプサイト2テントタイプ」に足を踏み入れた瞬間、思わず声をあげてしまった。部屋の左右に設置された大きなテントに、中央部のソファセット、ゆったりとしたハンモック、ところどころに置かれたランタン。まさにキャンプ場のイメージだ。寝具はベッドでなくシュラフで、室内にいながらにしてアウトドア感を味わえる。

   記者が宿泊したのは2~5人用の「タープタイプ(テラス付き)」。テラスがついており、予約をすればプライベートBBQを楽しめる。室内にはアウトドアグッズが展示されていたり、ミニテントの中に金庫が置かれていたりと、利用者を楽しませる趣向が凝らされていた。

   鈴虫の鳴き声を遠くに聞きながら眠りにつき、翌朝はロゴスランド内のもう一つの宿泊施設「プラムイン城陽」1階のロゴスファミリーレストランでモーニングビュッフェをいただいた。キャンプでは起床後に水汲みや火起こしから始めなければならないケースもあるので、何の準備もなく豊富なメニューから食べたい物を選べるのはありがたい。

   記者を案内してくれたロゴスコーポレーション直営事業部の川岸雄吾さんは、ロゴスランドを「キャンプデビューのきっかけにしてほしい」と語る。

「キャンプをするうえでは、『天気が崩れたらどうしよう』、『虫が出たら嫌だな』など、色々な不安要素があると思います。ロゴスランドは室内で気軽にキャンプの疑似体験ができますので、まずはアウトドアの楽しさを味わってもらいたいです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!