2019年 12月 7日 (土)

日高屋の看板メニュー「餃子」リニューアル 消費増税で値下げキャンペーンも

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   中華料理チェーン「日高屋」を展開するハイデイ日高(本社:埼玉)は2019年9月26日、「新商品発表会・試食会」を東京・文京区の「日高屋 春日駅前店」で行った。

   看板メニュー「餃子」の10月1日からのリニューアル販売と、消費増税に合わせた値下げキャンペーンの実施を発表した。

  • 日高屋の餃子がリニューアル
    日高屋の餃子がリニューアル
  • 餃子リニューアルの趣旨を語るハイデイ日高の高橋均社長
    餃子リニューアルの趣旨を語るハイデイ日高の高橋均社長

高橋社長「我々にとってもチャレンジです」

   餃子は「誰もが一人一皿食べてしまえる」味を目指し、8年ぶりに改良された。皮は従来品から薄くした一方で、あんに含まれる肉を増量。豚肉のうまみを生かし、クリスピーな食感に仕上げた。味は調味料を減らす代わりにオイスターソースを加え、旨みを際立たせた。サイズも「ひとくち餃子」に変更した。

   通常価格は一皿6個入り210円(税抜)だが、10月1日の消費増税を受けて、10月31日までの期間限定で155円(税抜)で提供する。

   この値下げについてハイデイ日高の高橋均社長は、「安くておいしいものをおなかいっぱい食べていただく、それは我々の一番の願いです。消費増税という逆風の中でも、その想いが揺らぐことはありません。我々にとってもチャレンジです」と思いを語った。

   餃子のリニューアルを記念し、9月30日の23時45分~24時には、先着100人まで餃子が無料で食べられる特別企画「ゆく餃子・くる餃子カウントダウン」を東京・銀座の「日高屋 東銀座店」で実施する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!