2019年 12月 13日 (金)

あべのハルカス60階が巨大なゲーム画面に 「スペースインベーダー」をプレイ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   近鉄不動産は、タイトーのゲーム「スペースインベーダー」をはじめとしたレトロゲームの世界が楽しめるイベント「ハルカス300スペースインベーダーワールド」を、2019年10月5日~11月2日までの期間、「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)で開催する。

  • 大阪に降りかかる「インベーダー」の脅威から街を守り抜けるか
    大阪に降りかかる「インベーダー」の脅威から街を守り抜けるか

展望台の外周ガラス面に投影

   複数人の同時プレイが可能な「スペースインベーダー」のゲーム画面をプロジェクターで投影。地上約300メートルに位置する展望台「ハルカス300」60階・天上回廊の外周ガラス面が巨大なプレイ画面となり、ゲームの世界と大阪の夜景が融合する。

   上空から大阪の街へ舞い降りてくる「インベーダー」を、同展望台のキャラクター「あべのべあ」が撃ち落とす「スペースインベーダーギガマックス」がプレイできる。プレイ料金は200円。

   また、オープンエアの58階・天空庭園では、壁と床面に投影される「バーチャルフィールド」に現れるインベーダーの大群を、ブロック崩しのような感覚で足を使って撃ち落とす、スペースインベーダー+アルカノイド+歩く(足の動き)の3要素をミックスした新アトラクション「アルキンベーダー」が楽しめる。プレイ料金は200円。

   このほか、当時のアーケード筐体を4分の3スケールで復刻した「ARCADE1UP」が無料でプレイ可能なほか、1978年当時に社会現象になった「スペースインベーダー」アーケード筐体、タイトーが所有するレトロゲームのアーケード筐体の実機10台とパネルを展示する。さらに、60階ではスペースインベーダーがテーマのグッズの販売も行う。

   イベント営業時間は午前10時~午後9時30分。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!