2019年 12月 14日 (土)

キャッシュレスで中小店応援 「ショップローカル」効果を戸越銀座商店街で聞く

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレス・インターナショナル(本社:東京 以下、アメックス)とジェーシービー(本社:東京 以下、JCB)は、中小店舗や商店街を応援する取り組み「SHOP LOCAL(ショップローカル)」を2019年9月3日から全国で実施している。

   J-CASTトレンドは、ショップローカルが行われている東京・品川区の「戸越銀座商店街」を2019年9月30日に取材した。開始からおよそ1か月が経ったが、どんな効果があったのだろうか。商店主の声を聞いた。

  • ショップローカルの取り組みを実施する東京・戸越銀座商店街
    ショップローカルの取り組みを実施する東京・戸越銀座商店街

3年目の今年は全国約1万4500店舗が参加

   ショップローカルはクレジットカード会社と加盟店が連携し、その店舗が出店する地域の活性化を図る取り組みだ。2017年の初展開以来、3年目となる今年は、アメックスやJCBのクレジットカード、電子決済「QUICPay(クイックペイ)」で商品を購入した人へのトートバッグ進呈、商店街の広報活動やイベントに協賛金を提供する「ショップローカル・スポンサーファンド」を実施。集客の増加や、消費増税によるポイント還元制度に合わせたキャッシュレス決済の普及を図っている。

   アメックスとJCBが地域の活性化を推進する背景には、「地元での消費」がもたらす経済効果の大きさがある。

   アメックスが2019年9月に発表した「地元の個人店に関する調査」は、東京、大阪、愛知の3都府県を対象に、消費者が地元の店舗でお金を使うことによる地域経済への影響を調べている。それによれば、地元消費者向けの中小店舗で1000円を支払うと、そのうち平均744円が購入店舗の「地元での仕入れ」や「従業員の給与」といった形で直接地元に還元される。さらに、間接的には「仕入れ先への注文により誘発される経済効果」と「仕入れ先の従業員給料が地元で消費されることによる経済効果」が発生し、平均998円の経済効果がもたらされる。直接・間接合わせると、計1742円の経済効果が地元で生まれるというのだ。

   こうしたデータは、「その買い物は、街の応援になる」を理念とするショップローカルの活動を裏付けることもあり、今年のショップローカルは全国約1万4500店舗が参加する一大プログラムへと拡大した。

「カード払い増えた」変化実感する商店主

   ショップローカル開始からおよそ1か月が経った。東京・戸越銀座商店街では、どんな効果があったのだろうか。

   「クレジットカードの利用が増えた」と語ったのは、商店街でインドカレー店「アジアンダイニング&バー ナマステ」を運営するタパ・ヤムさんだ。タパさんの店は東京都内で3店舗を構えるが、クレジットカード決済を推進するショップローカルの効果もあって、現在は戸越銀座店が最もクレジットカードの利用率が高いという。

   メガネや時計を取り扱う「ギャラリーカメイ」の亀井哲郎さんも、ショップローカルの影響を実感する。

「もともと、うちではカード決済は単価が高く、少額の決済は硬貨が多かった。ショップローカル参加後は、1000円台の時計の電池交換でもカードで支払う人が増えた」

と、変化があった様子を語った。

   戸越銀座商店街でのショップローカルの取り組みは、2019年10月31日まで実施される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!